ブログトップ

福ちゃんの里山通信

fukuchanck.exblog.jp

木更津の里山から発信します。

<   2018年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧


文化祭直前の『桜井レインボー』は、展示の準備・リハーサルでした。
「各個の作品がまだの人はそちらを、終わっている人は展示パネルを…」と
  会長の指示がありました。
展示パネルはそれぞれ担当で分担されました。
「個人の作品が終わった人はパネルの手伝いを…」と言う付け加えも…。


私は展示パネルへの発表もなく、机上の展示物のみ発表です。
「団扇」と「ペイントマニュアル」を予定しております。
マニュアルがまだですので、そちらの作業です。



途中、発表場所の借設置の助っ人を頼まれましたので、1階での作業に加わりました。

b0275715_23275577.jpg
公民館の許可をもらっての、談話コーナーに仮設置です。
館内に入ってすぐのベストポジションです。



2階の展示パネルの作成は、当日と同じ大きさで作ります。

b0275715_22592275.jpg

仲間の皆さんは慣れたものです。
最初から分担されたかのように作業が進みます。
b0275715_22594820.jpg
入会間際の初心者は、ただ見守るだけです。
「責任者を…」と言う意見もあったのですが、定めずに進みました。
b0275715_23001176.jpg
それぞれに、個性もあり、その個性が結集されての当日の発表です。



あまり詳しく報告すると、仲間に叱られそうです。


b0275715_23003446.jpg


当日の『桜井地区文化祭』での発表をご覧ください。
ちなみに『桜井レインボー』の発表は
  11月3日(土) 10:00~16:00
  11月4日(日) 10:00~15:30
  です。
  (会場は、桜井公民館1階です。)
是非ぜひ、お立ち寄りください。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-10-30 23:07 | パソコンライフ | Trackback | Comments(0)


今年の異常気象は「福chansふぁ~む」の作物にも大きな影響を与えました。
適当な太陽の光や雨の水分補給は、
  野菜たちにも必要不可欠な恵みです。
しかし「過ぎたるは及ばざるが如し」です。
台風の強風は緑を変色させました。
おまけに、畑のネットも吹き飛しました。

b0275715_01394142.jpg

「塩害」は公平極まりもなく、我が家を襲いました。



おかげで、今年の「モミジ狩り」は来年に延期です。
狭いながらも「myガーデン」には3本(3種類)のモミジを植えています。
それが、季節のいたずらでリズムを狂わされました。

b0275715_01413858.jpg

微かに残された緑は紅葉するのでしょうか。
b0275715_01420120.jpg
しかし、来年に延期せざるを得ない理由がはっきりと見えてきます。
b0275715_01430813.jpg
おまけに、地表にたたきつけられた姿で、
  はっきりと私に引導を渡します。
b0275715_01433717.jpg
敷かれた御影石が、それを弔らいます。



来年は期待しています。
仲間との「モミジ狩り」だって予定しているんです。


ごしょうだから、来年だけは「いたずら」をご勘弁ください。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-10-29 13:44 | myガーデン | Trackback | Comments(0)


昨日に引き続いての見学です。
(暇人!と思わないでね。何しろ自由人なので時間だけはうらやましいほどあります。)
木更津二小で行われた「発表部門」にスポットを当ててみたいと思います。
(愚言を書かせてもらうなら、「芸能部門」「芸能発表部門」の方が…、
  だって、昨日が「展示部門」でしたから…。)

b0275715_22573407.jpg

体育館には「芸能発表会」とあり、この方に軍配を上げます。



館内では『ゆうゆうエクサ』のダンスの披露が行われていました。

b0275715_22575665.jpg

踊るウキウキとした気持ちが伝わってきます。



続いて『楽しく童謡を歌おう会』がタヌキの着ぐるみ姿で登場しました。

b0275715_22582582.jpg

木更津と言えばタヌキですよね。
毎年、證誠寺で木更津一小の児童が踊る『証城寺の狸囃子』も、
  やはりタヌキの着ぐるみです。
開き直っているのではないでしょうが、
  童心にかえって歌う童謡にはピッタリとはまります。
b0275715_22584821.jpg
ステージの上ではなく、ぐるりと会場を囲んでの合唱、
  印刷し観客に配られた歌詞カードにも、会の「想い」を感じました。


実はこれには姉も加わっているんです。
だから、余計にシャッターを切っていたのだろうと思います。
(本音はプログラムを見、わざわざ時間を合わせて出かけたんです。)

b0275715_22591529.jpg

高齢者の仲間入りをした私もそうですが、
  大切なものは資産でも知識でもなく、仲間との絆です。
b0275715_22593811.jpg
そこに身を置く幸せを、会場いっぱいに響かせてくれました。



次のプログラム『矢那川吟詠クラブ』の発表には感銘を受けた点があります。

b0275715_23000286.jpg

彼女はとうに80を超えていると言います。
歳を取ると声のトーンは低くなるのが常ですが、
  驚くほどの高さで発声していました。
「若くいたい」と言う望みは、「若くいる」ための営みがあって実現します。
「何かをする」と言う行動が、100歳時代を実現するように思います。
(私もカラオケはオケのキーそのままで唄い続けようと思います。)



芸能発表で終わろうとしたんですが、一つだけ書かせて下さい。

公民館の和室で行われていた、『Craft Girls』の『スノードーム製作』です。

b0275715_23003915.jpg

ガラスのドームの中にキラキラと雪を降らせる「あれ」の自作体験です。
b0275715_23010546.jpg

『KISARAZU 散歩道』の画像拝借


過去に公民館事業『らしんばん』の一コマとしてやってみようとしたことがあるんです。
それを指揮してくださったのも、今回のメイン講師も同じM氏なんです。
     M氏のブログ『KISARAZU 散歩道』は こちら
表敬の意味もあって、書かせていただいております。


参加は学童くらいの女の子が多く集まっていました。
(女の子のイメージが強いのですが、私も体験してみたいんですよ。)
パーツを使って生き生きと作業していました。

b0275715_23214014.jpg

「ものづくり」は楽しいものです。

もうすぐやって来るクリスマスには
  自作のスノードームを飾ってみたいですね。
b0275715_23221857.jpg
今日のお部屋は、偶然にも昨日『一会会』が使った同じ場所で、
  何か知らぬ因縁を感じました。



これで2日間の『文京公民館祭り』の報告を終わります。








********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-10-28 23:57 | 木更津情報 | Trackback | Comments(0)


今までに何度か見学させていただいています。
そんな『文京公民館祭り(一日目)』です。
桜井公民館と並んで、
  いつもお世話になっているホーム公民館です。
心配は駐車場でしたが、何とかラッシュの狭間をくぐることができました。



いつものようにテントが張られ、横断幕も掲げられていました。

b0275715_21284129.jpg

テーマは「想(おもい)」です。
b0275715_21290243.jpg
何を想うのでしょう。
少なからず発表者はそれなりの「想」を描いての参加に違いありません。


3度目のブログ投稿ですが、偶然にもスタートは同じ場所からの映像でした。
    2014-10-25『文京公民館文化祭』は こちら
    2016-10-30『第15回文京公民館まつり』は こちら



天気のせいなのか、テントの数は少なくなっているように感じました。

b0275715_21294999.jpg

屋外でデジカメをロックオンさせたのが…。
b0275715_21301082.jpg
子どもたちが一斉に声を上げ宣伝していた「かたもみ屋」でした。
40秒10円と言う歌い込みです。
b0275715_21302984.jpg
デモンストレーションまでしてくれました。
生き生きと活動していました。
何か知らん、微笑ましく温かさを感じました。


公民館は老人のたまり場だけでは困ります。
老若男女が集い合う場所です。
若い世代の参加は嬉しいことです。
(日常もこう望みたいのですが…。)



早速、館内に入っての見学です。

b0275715_21310831.jpg

入口には知人たちの珈琲サークルの出店です。
b0275715_21313089.jpg
1杯100円とか。
それでも今は苦手になってしまいました。



他に特筆することもないのですが、
  茶道サークル『一会会(いちえかい)』の受付におられたの方との会話です。
だいぶ以前、これも公民館講座で茶の湯体験をさせていただいた時です。
茶をたててくれた青年の所作の美しさに感動したことがあったんです。
    2015-01-24『一服に込めたもてなしの心』は こちら

b0275715_21321015.jpg
窯から立ち上る湯気さえその場の景色となり、
  緩やかに平和な時を包み込んでいました。
(その時の彼は転居されてしまったようです。)

『一会会』とのそんな出会いを語らいました。


「想」は各部屋の展示にも感じました。

b0275715_21323121.jpg

画像を全てアップできないのが心残りです。



階段にはこんなデスプレーが…。

b0275715_21325996.jpg

ホッコリするものを感じました。
(家にあるものも仲間入りさせたいくらいです。)



ブログのエンディングは、今回も焼きそばでした。

b0275715_21331765.jpg

「明日は別のサークルが出店するので味も違います。」と
  公民館職員の客引きの巧みさには誘われてしまいます。


『文京公民館祭り』は明日も続きますので、
  ぜひとも足を運んであげてください。
(もちろん、私も出かけるつもりです。)






********************************* Continue *********************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-10-27 22:02 | 木更津情報 | Trackback | Comments(0)


公民館文化祭直前の『桜井そば倶楽部』月例会は
  文化祭で出店・販売するそばのリハーサルを兼ねた練習です。
三七の「もりそば」の手打ちです。


ところが、そのそば粉が準備できず、
  量・割合を合わせて他の種類でリハーサルしました。
加水率が違いそうで、練習になったとは言えません。

b0275715_21022533.jpg

b0275715_21024621.jpg
b0275715_21030817.jpg
味もいつものそば粉の方が旨く感じました。



期間だけが長いだけで、なかなか上達しません。
言葉では小難しいことも言えますが、技が伴いません。
ただはっきりと言えることは、
  うんちくの中で言っていた違いがわかるようになって来たことは確かです。
「手水」の必要性、「耳たぶの硬さ」、「そばのコシ」などはその成果です。
説明せよと言われても、同じ言葉でしか言いようはありませんが、
  それくらいはできるようになってきました。


微妙な味の違いもそうかもしれません。


いつものように女性群が添え物の調理です。

b0275715_21034050.jpg

おかげで揚げたての天麩羅にありつけます。
これが今日の総出演者です。
b0275715_21040948.jpg
これだけでも立派な昼食になります。


会の楽しみはもちろんそば打ちですが、
  作業の後に仲間と食事をとるのも楽しみの一つです。

b0275715_21044714.jpg


「柿」は館長から、「ぬかみそのお新香」はいつものTさんの差し入れです。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-10-26 23:12 | 手打ちそば | Trackback | Comments(0)


『桜井あしたば学級』は軽スポーツの体験でした。
講師は木更津レクリェーション協会の皆さんです。

b0275715_23431550.jpg

3年前には、夜の講習会に参加したことがあるんですよ。
b0275715_23433653.jpg

    『レクリエーションゲームの講習会』 こちら

今回も体験させてくれた軽スポーツは同じ種目でした。
「ラダーゲッター」「キンボール」「ユニカール」です。

b0275715_23441776.jpg

(種目の特色は前出のブログにあるので省略します。)
それぞれ楽しいひと時が過ぎました。



年甲斐もなく時間を忘れました。
おかげで少し筋肉痛が残っています。
(まだ、多少は筋肉も残っているんですよ。)


どんな内容の運動でも、自らの体を動かさなければ衰えるばかりです。
終末に近づけば衰えゆくのは当たり前ですが、
  健康寿命は「体を動かすこと」で変えられます。
急にアクアマラソンは走れません。
1M走らなければ2Mはないのですから、当然マラソンなどは…。


高齢者の集まりも、そんな効果を望んでのプログラムでした。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-10-25 23:57 | 木更津情報 | Trackback | Comments(0)


文京公民館に集まったのはたったの5人でした。
正確には5名+2名(コーデネータと公民館職員)です。


『文京知ろう人ふるさと語隊』は今回も太古の木更津が話題です。
この調子だと、一年間話題は太古に限定されるかもしれません。
いつか中途で脱退したように、今回も…。



木更津市でネームバリューのある遺跡が登場しました。
その中で「下野洞(シモノボリ)遺跡」に関心が傾きました。
千葉県では採掘することのできない「黒曜石」が大量に出土された古墳です。
「原石は出土されていない」と聞いたからです。
真っ先に思ったのは「他で加工され入って来たのでは?」と言う想像です。
今ですら物流方法が進んでたやすいのですが、
  この時代にあってそれをなしえたのは何なんでしょうか…。



ある講座生が、私が生まれる以前の書籍を持って来てくれました。
『日本書紀通釋』です。
全6冊からなる限定本です。
(2回に分けて車から運んでくれました。)

b0275715_22571858.jpg

許可をいただき、デジカメに記録しました。
500部の限定本には、その番号もふられていました。
b0275715_22574391.jpg
更に付け加わった話にも興味を持ちました。
昔の事ですが、
  定価1冊15円のこの本を「6万円で譲ってほしい」と言う方があったようです。
「形見なので譲らなかった」と話してくれました。
原文などとても読む力はありません。
「通釈本」だって…。
ところがこの本にはルビがふられ、私にも読めそうでした。



関係のないことにもソナーが振れました。
トイレに立った時、ちょうどその時、公民館に長机を納入した業者があったんです。
現地で、梱包をはがしえ組み上げていました。

b0275715_22580454.jpg


完成品を納入するより、安く済むと言うのです。
キャスターが付き、簡単に動かせるものでした。



私も以前、会議室の重い長机にキャスターを付け
  会場作りを一人でもできるようにしたことを思い出しました。



長いトイレタイムを終え、何食わぬ顔で講座に合流しました。







********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-10-24 23:10 | 木更津情報 | Trackback | Comments(0)

今日のサークル活動は、文化祭での発表作品をチェックしあいました。


「パワーポイント」のチェックはかなり具体的です。
b0275715_00130066.jpg

関心のある来客は、たぶん食い入るように見るでしょう。
多少なりとも関心のある方だと思う私も、
  興味をもって見つめました。


内容は文化祭本番で…。
「請う、ご期待!」です。
(事前暴露は控えておきます。)



展示作品も確認しあいました。
表示枚数や並べ方などのチェックです。
これもやはり「請う、ご期待!」にします。


公民館文化祭で発表する作品ですが、
  やや来客の興味・関心から離れているようにも感じました。


パソコンに全く無頓着であったら、
  全てが徒労に終わる結果になります。
趣味のサークルなのでそれでいいのかもしれません。


でも、「やるからには…!」とも思います。



私は「団扇」と「ペイントのマニュアル」に取り組んでいます、
「団扇」は完成しました。

b0275715_00404749.jpg
写真の印刷と団扇にあわせての切り抜き・貼り付けなので、
さほど難しいものではありませんでした。
(そうだ、本番前でした。)


「マニュアル」は、初期の安易な考えとはかなりの隔たりがあります。
もしかすると文化祭に間に合わないかもしれません。
どうしてこんな悲観的な感想が言えるかと言うと、
  まるで新しいソフトに取り組んでいるかのような作業だからです。
バージョンアップを安易に考えていました。
まるでパソコンを始めた頃のように目新しいのです。
場合によっては、前の方がすぐれていたとも考えてしまいます。
以前の物に慣れていたのでしょうね。


とにかく、あきらめには至っておりませんので、努力だけは続けてみます。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-10-24 00:41 | パソコンライフ | Trackback | Comments(0)


黄昏の迫る中

足を早めて

YOUKIと散歩です。



もっと早くに出ればよいのに

もうこんな時間です。




最近はとみに夜が急ぎ足です。


真夏には

暑くて

まだ家に閉じこもっていたのに…。




結果を予測し

ポケットには懐中電灯を偲ばせました。



里山には秋が揺れていました。



b0275715_20162144.jpg


遅いと言うのに

デジカメは頓着しません。




YOUKIのリードがフォーカスを邪魔します。



やがて冬がやって来ます。

シャッターの指も凍らすことでしょう。



b0275715_20164319.jpg




暗くなっての散歩の足に

帰路を急がせました。







********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-10-22 20:17 | 里山情報 | Trackback | Comments(0)



シュートが

蒼空をつんざいた。






b0275715_09163894.jpg


生きようとする

バラの命に

エールを贈る。




その傍らに

見上げる

しおれかけた俺がいる。



b0275715_12152871.jpg






君は


いいなあ…!









********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-10-21 20:46 | myガーデン | Trackback | Comments(0)