ブログトップ

福ちゃんの里山通信

fukuchanck.exblog.jp

木更津の里山から発信します。

<   2018年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧


この花が咲くと半世紀も前のことを思い出します。

b0275715_14295386.jpg


この花は木更津市のシンボルとして、
  昭和45年に制定されました。
ちなみに、シンボルツリーはツバキで、
  こちらにもきれいな花が咲き、混同してしまいます。



なぜこの花が記念樹かと言うと、
  なぜ話を半世紀も前にさかのぼるかと言うと…。
私の長男が誕生したとき、
  市からお祝いの記念樹としていただいたからなんです。


そう思うと、ひときわ輝きを増すのです。

b0275715_14302439.jpg

美しさは思い入れも手伝って、
  我が家の角地にスポットを受け続けます。



息子への形見分けとしようかな…。





********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-05-31 23:16 | ファミリー | Trackback | Comments(0)


ステルス機がマスコミを騒がせたころ、
  いよいよもって私たちの知らない世界を危惧しました。
密約があったり、水面下で動いている世界です。


もともと「ステルス」とは「隠密」と理解すればいいようです。
時代劇などでは隠密が活躍していましたが、
  さしずめ今の世界は「ステルス機」です。
映画になったこの作品は鑑賞しましたか?

b0275715_21544952.jpg

『Rakuten TV』の画像拝借

どこかで起こっていても、全くおかしくない内容でした。



今日は、そんなことを書きたいのではありません。
私たちが知らない間に進んでいる「値上げ」についてです。
それを「ステルス値上げ」と言うようです。
(さっき、テレビで報道していました。)
値段はそのままをで、商品の量が少なくなっている、
  つまり、事実上の「値上げ」にスポット当てていたのです。


なかなか、うまいネーミングだと思いません?
隠密裏に進められている、
  消費者を小ばかにした「ステルス値上げ」です。


そう言えば、最近のホウレンソウの束は、
  ずいぶん軽くなって売られています。

b0275715_21551897.jpg

『パブリックドメインQ』の画像拝借

知らぬ間にそれを購入しています。
「値上げ」のニュースを聞かなくなったわけです。
多くの商品が、こうして実質的な「値上げ」をしているんですね。



本質が見えないのは私たちの責任もあるのですが、
  見えなくし、ごまかそうとしている側にも大きな問題があります!





********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-05-30 21:56 | その他 | Trackback | Comments(0)


半世紀も昔に聞いた言葉です。
ある大人が、ちっちゃな子どもに聞きました。
「お母さんがいなくなったら、どうする?」
親の大切さを説きたかったのでしょう。
すかさず答えたのが、
  「いいもん!冷や飯を食べるもん!」でした。


とても微笑ましい会話です。

b0275715_00265443.jpg

苦肉の策として「冷や飯」を食べる知恵はついていますが、
  その「冷や飯」を作る術までには及ばないんです。



あるの話です。
学校をてこずらせていた少年が、
  弁当について不満を語りました。
母親がコンビニでいくつかの弁当を買ってきて、
  その中のおかずを選び、さも自分が作ったようにして我が子に持たせました。
「食いたくない!」と言います。

b0275715_00271733.jpg

PTA会長はそれを聞いて「捨てちゃえ、俺が作ってやる!」と、
  少年に塩結びを作ってあげました。
少年は「おいしい!」と言って頬ばったと言います。



2つの話は、いつかブログにアップしたかもしれません。
記事を探すより、再投稿でも構わず書き綴ることにします。
これからも、きっとそうするでしょう…。



今日の私は実に物臭です。
何もする気になりません。


何もしないと、その先には進まないんですよね。



大学生の頃、自炊をしたことも思い出しました。
冬の寒さは、食器を洗う事を拒みます。
水道からお湯なんて出やしません。
曲がりなりにも、作ることは食べることを伴いますので、
  何やかやと、どうにかこうにか作りました。
食べてしまうと、「いいや、明日の朝…」と、
  食器は流しの中につけ込みます。

b0275715_00274494.jpg

当然明日の朝になっても、食器はそのままです。
そのまま、何日か外食で済ませたことがありました。



子どもの頃は他力本願でした。
(言葉の使い方が間違っているかも知れません。)
両親に、小中学生の頃は先生に、
  「冷や飯」を作ってもらっていました。
自分のことは自分ですべきことを教えられて、
  社会人になったころは、
    少なくとも自分自身で「冷や飯」を作ろうとしていました。


リタイヤしてから、しばらくは忘れていましたが、
  物臭を決め込む時間が、それを思い出させました。
実は妻が「冷や飯」を作ってくれていたのかもしれません。
一人では何もできないんだってことが、
  この歳になって身に染みるんです。



この子は「冷や飯」が無くなったらどうするのでしょう?
PTA会長は少年に何をおしえたいのでしょう?
毎日、握り飯を作ってあげるのでしょうか?
流しの食器は自分で洗わなければ、幾日たってもそのままです。


b0275715_00284397.jpg


人の愛が身に染みるからこそ、人恋しいんす。


「冷や飯」の味は、何か物悲しく感じるのです。





********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-05-30 00:42 | その他 | Trackback | Comments(0)


父が旅立って10年にもなるのでしょうか…。
母はその前ですから、16年経ったことになります。
もう悲しみは癒されましたが、淋しさだけは残ります。



そんな私に、父の遺産が相続されました。
わずかばかりの農地ですが、
  今となってはルーツを呼び覚ましてくれる土地となってしまいました。


生前、長男にほとんどを遺すが、
  次男の自分にもわずかだが土地を遺すと言っていました。
遺言にそう書いたと…。
財産分与の法的な相続分には満たないし、
  不服申し立ての遺留分にも満たないのですが、
    父の遺志であるので素直に快諾することにしました。

b0275715_23115217.jpg

この土地からは、父や母の愛を感じることができるんです。
それだけで充分です。
いや、それが全てでもあります。



我が子や妻に遺す財産はもっと少ないのですが、
  「愛」だけは限りなく持ち備えています。
その「愛」には遺留分などはありません。
例えば「10の愛」を持っているとしたら、
  全員に「10」ずつ遺すことができます。


父や母もそうに違いありません。
だから、あらためて言うことができます。


b0275715_23133923.jpg


父さん、ありがとう!
母さん、ありがとう!





********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-05-28 23:18 | ファミリー | Trackback | Comments(0)


  市内のいたるところで「ごみゼロ運動」が行われました。私たちの地区も例外ではありません。環境が清々しく生まれ変わることは気持ちのいいものです。

  同時に、「臨時総会」が開かれました。今、問題となっている地域の組織力と言うか、繋がりと言うか、集合体の存続にもかかわる問題です。

  私たちの地域は「共同浄化槽」があり、加入せざるを得ないと言う縛りを持っています。しかしながら、上部団体の「区」を脱会する人が増えてきたのです。まもなく、半数を超えそうな勢いです。そこで、地域の会長が代表として「区」に出ていた事に不公平感を強くしてきたのです。つまり、「区」に入会していないメンバーは会長にすることができなかったのですが、半数となると、残りの半数だけで会長を受けることがさらに苦痛になってきたのです。脱会した人の意見は、「区費は高いばかりで有用性を感じない」「役員をやるのが煩瑣だ」と言うのが中心です。地区の会長を他の人に務めてもらっていることには論が及ばないようです。

  この問題は他の地域でもつぶやかれており、私たちに限ったことではないことは理解しています。違いは、「共同浄化槽」があることで真剣度が違う点です。地域の繋がり・絆のだ大切さは「東日本大震災」で周知の事実だと思っていました。「遠い親戚より近くの他人」だと思っていました。

  組織から外れたとき、生活をエンジョイできるかです。もうすぐ来る「夏祭り」には参加しないでいられるのでしょうか。「盆踊り」はどうでしょう。孫たちがやってきたら、部屋にこもらせるのでしょうか。子どもの頃、お小遣いのなかった日、紙芝居を遠巻き見ていたことを思い出しました。「街灯」や「回覧」の事も話題にされていました。「脱会」はわずらわしさからは解放されますが、「孤立」してしまいそうな不安がよぎります。

  「臨時総会」の結論は、「区」への代表出席は別の人を決めることになりました。これで、本当の解決になるのでしょうか。問題を共有することが大切だと信じています。まだ、議論はくすぶりそうですが、少なくとも「共同浄化槽」の存在がメンバー全員を議論に参加させてくれます。

  「ごみ」も「ゼロ」にはなりません。でも、やる前よりは減って行くはず…。





********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-05-27 22:35 | 里山情報 | Trackback | Comments(0)


孫の運動会もあったのですが、
  どうしてもこちらに参加したくって…。

b0275715_01310213.jpg
(情報源は、いつもの地域情報誌『房総ファミリア新聞』です。)


巌根駅の集合でしたが、駐車場の知識もありません。
会場は盤洲干潟でしたが、そこまで歩く自信も砕けます。
主催者である『小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会』御簾納照雄氏の許可をいただき、
  干潟の入り口のフェンス前で待ちました。

b0275715_01312588.jpg

無事合流でき、観察会のスタートです。
b0275715_01314531.jpg
『盤洲干潟をまもる会』のサイトにも興味を魅かれましたので…。
     『そのサイト』は こちら



盤洲干潟は小櫃川の河口にある日本最大級の干潟で、
  三角州も形成し、人の手が加えられていない貴重な干潟です。
b0275715_01321267.jpg

しかし、県の土地でありながら、
  魚協などの反対もあり、保護されないで宙ぶらりんの存在になっています。
…と言う点だけは把握して観察会を体験していきたいと思います。



先ず私たちを迎えてくれたのは、
  ラジオ体操をしていたカニたちでした。

b0275715_01323684.jpg

ハサミを前に降り出しリズムをとるその姿は、
  縄張りの誇示だと説明されました。
個人的には、求愛のポーズではと思い込んでいます。
b0275715_01330099.jpg
それにしても、よくまあラジオ体操の伴奏に合わせられること…。
b0275715_01333903.jpg
何種類かカニの仲間も教えて下さったのですが、
  私なんぞには、どれもこれもただ「カニ」としか理解できません。
興味あったのは、足にも呼吸をする器官のある種類もあることでした。
b0275715_01340354.jpg
御簾納氏のルーペがはっきりと確認させてくれました。
b0275715_01344075.jpg
こいつは、敵対意識を抱いているらしく、
  ジッと私をにらんで威嚇してきます。


ウミニナのマーブルもとてもきれいでした。

b0275715_01351108.jpg
砂地には自分の過去が描かれています。



植物も様々な種類が群生していました。

b0275715_01353700.jpg

b0275715_01354738.jpg
「ヨシ」と「アシ」が同じものだと言う説明もありました。
b0275715_01361751.jpg
ヨシには竹のような空洞も節もありますが、
  周辺は導管でしょうか、ここも小さいながら空洞になっていました。
b0275715_01365204.jpg
葦簀などの製品が売られていますが、軽いわけですね。


植物名などが表示されてありましたが、
  カニ同様、植物の識別もつきません。

b0275715_01375685.jpg

テルハノイバラとノイバラの違いなんて、
  わかろうはずなんてありません。
b0275715_01390587.jpg
でも、「きれいだ!」という感性だけは持っていますよ。



前浜に出てみると…。

b0275715_01394052.jpg

美しい波紋に魅せられました。
この美しさはいつまで続くのでしょう…。
b0275715_01404880.jpg
詮なき望みを抱くのは、ただの感傷に過ぎないのでしょうか…。
b0275715_01412466.jpg
知りつつも祈らないではおれません。
放置された船のように、見向きもされなくなっても、
  それでも、微かでも、望みをつなごうとしている自分がいます。
b0275715_01414723.jpg
最近はとみにそんな思いを抱くようになりました。



案内してく出さった御簾納氏に感謝します。
また、盤洲干潟にやって来たいと思います。

b0275715_01421427.jpg

ハマエンドウやハママツナにも会いにやって来ます。





********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-05-27 02:00 | 木更津情報 | Trackback | Comments(0)



今日も夕刻の散歩は
  愛犬を連れての『福chansふぁ~む』です。


屋外には、男子用の公衆トイレなら
  いたるところにあります。
(町中には、とんと見当たらないのですが…。)


人目をはばかるので、
  そっと行くのですが
繋がれたままのYOUKIの奴は
  クーンクーンと泣き出すんです。
(内緒なのに…。)



ふと見た傍らの枝先には
  何と、若者たちの「逢い引き」です。


しかも!
  2組いっしょです。



チャンス!
  とばかりに腰のデジカメを構えました。
(こんな時のために、いつもデジカメは携えています。)





パワーオン!





ところが…。













        ガーン、
          ビ~ン!







********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-05-25 23:17 | 福chansふぁ~む | Trackback | Comments(0)


あなたは


b0275715_23093155.jpg



この時期の


b0275715_23100233.jpg



女神です


b0275715_23103116.jpg



気象庁からの


b0275715_23104858.jpg



梅雨入り宣言は


b0275715_23110639.jpg



まだですが

b0275715_23112744.jpg



あなたのおかげで


b0275715_23115490.jpg



ユートピアと化します


b0275715_23122070.jpg










********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-05-24 23:17 | myガーデン | Trackback | Comments(0)


車列を眺めていたら、ナンバープレートに目がいきました。
ご存知のように、プレイトには3種類あります。
いわゆる「白ナンバー」と「青ナンバー」と「黄ナンバー」です。
それぞれ「一般車両」、「営業車両」、「軽車両」ですよね。


最近はロゴマークなどが入った特別仕様のプレイトもあるようです。
(そこから歳入を見込もうと言うのですが、
  プレイトの意味合いから是非を再考した方がよいのではないでしょうか?)

過日の新潟の事件で、軽車両でも白ナンバーが取れることを知りました。
知らなかったのですが、身近でもあるようですね。
(これも賛成はできません。)



プレートに書かれている文字についてはご存知でしょうか。

b0275715_17162753.jpg

(この車は木更津市の公用車ですので、特定しないでください。)


次の4項目が表記されています。


①地域名
運輸支局(事務所)毎に名前が付けられています。
ここは袖ケ浦にありますので、「袖ケ浦」ですよね。
他県の車を眺めてみるのも面白いですよ。
かな書きがあったり、県をまたがる2県にあったりします。
ちなみに、千葉県にいくつあるかご存じですか?
「千葉」「成田」「習志野」「袖ケ浦」「野田」「柏」の6か所です。


②分類番号
複雑に分かれていますので、省略しますが、
  軽車両の「白ナンバー」がいくつになっているか知りたいですね。
車の数が増えたので、3桁の数字でできています。


③ひらがな
使われていない文字があるって知ってました?
「お、し、へ、ん」だそうです。
理由はご存知ですか?
(調べてみてください。)


④一連指定番号
決まりはなく、4桁までのランダムな数字でできています。
(欲しい番号ってあります?)


詳細はネットでご覧ください。
     
『Car-nalism』は こちら


最近ではチョットお金を出すと、好きな番号を選ぶことができます。
好まれるのは「7」とか「8」とかいう数字です。
「ラッキー7」「末広がり」を表わすのでしょうね。
「ぞろ目」なども好まれます。
「語呂合わせ」で決める人もいます。
姉の電話などは「1818」で「いいわいいわ」と読んでいます。
天邪鬼の弟は「いやいや」とからかったりします。
ちなみに、私と妻のナンバーは、住所にあわせてあります。
電話番号もそうしました。
妻は、私が「覚えやすいから」と言います。



そうそう、私が就職したころです。
何人かの作業員を車に乗せて、現場に向かう道すがらでした。
しきりに、近づく車を見て会話を弾ませています。
車のナンバープレイトに目をやっています。
なんと4桁数字の合計で、「おいちょかぶ」に興じていたんです。
「9」が最高得点の「カブ」、「8」がその前になる「おいちょ」ですね。
「41(しっぴん)」「91(くっぴん)」は適用させていませんでした。


ナンバーを「カブ仕立て」にしている車もありました。
中には危ない人が多いように感じます。



車列で思い出したことでした。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-05-23 20:36 | その他 | Trackback | Comments(0)


これで、
  『文京ふれあい学級』による木更津市内の介護施設見学は7か所となります。
     昨年の記事『特別養老老人ホームの下見ツアー』は こちら

今年度は、以下の3施設を訪問しました。

b0275715_23530427.jpg

b0275715_23531357.jpg
b0275715_23532254.jpg
それぞれの施設がそれぞれの工夫をし、
  特色ある経営をされていることに感動しました。
利用者の希望で、ベッドを止め布団のように床とフラットにしたり、
  老人と子供の共生にメリットがあると感じれば『こども園』を併設したりしていました。
b0275715_23540514.jpg
b0275715_23541895.jpg
一番大切なのは、利用者目線に立つ事なのではないでしょうか。
b0275715_23545808.jpg
b0275715_23550746.jpg
b0275715_23551515.jpg
どんなに素敵な施設であっても、働くスタッフの「姿勢」だと思うんです。
その点からは、2年で7施設を訪問できたことは、
  これからの私たちにとって貴重な事前学習になったと思います。
b0275715_23554326.jpg
読者によっては、施設ごとの情報が欲しいところだと思いますが、
  個別の評価になってしまいますので避けておきます。
(質問があれば、個人的には私情も含めてお答えできます。)


体験入所できると一番いいのですが…。

私も、妻の「しっかり下見してくるように…」と言う命令には
  その責任をどうやら果たせたような気がします。



それより、門を開いてくださった施設の皆様に心より感謝します。





********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-05-22 23:56 | 木更津情報 | Trackback | Comments(0)