ブログトップ

福ちゃんの里山通信

fukuchanck.exblog.jp

木更津の里山から発信します。

カテゴリ:Medical check( 128 )

時が駆け足で未来を食い尽くします。
希望を持って生きてはいるのですが、
  ときどき負けてしまいそうになる時があります。
「いかんいかん!」と老骨を奮い立たせています。


笑っていた私の薬の数は見事に増えています。
健康に対する関心が人一倍強くなってきました。
「健康でいたい!」と願うのは、
  とりもなおさずリミットの迫ったこの世への執着です。
つまり、長生きをしたいのです。



今日も2つのスケジュールをこなしました。
一つは「胃ガン検診」で、今一つは「白内障術後診察」です。



胃ガン検診は保健相談センターで行われました。
15分早く着いたのですが、取れた順番は84番でした。
いったい1番を取った人は何時に行ったのでしょう?

b0275715_23155095.jpg

いつものように時は流れ、
  いつものようにレントゲンの上ではしこたま回転運動させられて帰りました。



病院では目の玉の健康チェックです。
昔も同じグチをこぼしました。
    『年寄りの冷や水 』は こちら
3カ月たって、また同じグチです。



「薬漬け」も止むを得ないでしょう。
歳を重ねた人種の特権なのです。
病院に通うのも苦にはなりません。
限られた日数を少しでも後延ばしにしようと抗っているだけです。
ただただ「長生き」を夢見ているのです。


b0275715_23402843.jpg






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-10-15 23:40 | Medical check | Trackback | Comments(0)


術後、5年が経過しました。
先週は血液検査とCT検査を済ませ、
  内視鏡による腸内のチェックもしました。
今日は医師の診断を仰ぐ日です。



私が大腸がんの手術入院をしたのは5年前の夏になります。
ご丁寧にも3度ほど入院し、
  最後には上行結腸切除の外科手術を受けました。
(役にもたたない虫垂も一緒に除去してもらいました。)
当時はことはブログに事細かくアップしてあります。
    8月31日 Medical Report 9(外科による大腸がん切除手術)
    6月30日 Medical Report 8(カルチノイド剥離手術)
    6月12日 Medical Report 7(手術のための検査)
    6月10日 Medical Report 6(経過診察&検査予約)
    6月8日 Medical Report 5(病院食)
    6月7日 Medical Report 4(もてあます時間)
    6月6日 Medical Report 3(入院療養生活)
    6月4日 Medical Report 2(こんな病室に)
    6月2日 Medical Report 1(大腸ガン手術)
     



経過はことのほか良好で、
  中央病院も一般の町医者に引き継ぎたく相談がありました。
何か淋しさを感じるのは何故でしょう…。
そうではないのはわかっていますが、
  見放されたような、変に意固地な淋しさが襲います。


消化器科から外科に至るまで、
  何度も通院したのがこれで終わりだなんて…。
残す人生の少ない老人は、余計です。


しかし、紹介してくれた病院は、
  上行結腸のオペを執刀してくれた医師が独立・開業した病院だと言います。
それを聞いて、淋しいながら納得しました。

b0275715_23412287.jpg

素直に紹介状をいただいて帰りました。



どこだろうと妻と話題にし、
  ネットで調べてみました。

b0275715_23415526.jpg

『Googleマップ』の地図拝借


立地条件の良いわかりやすい場所にありました。
『おかもと医院』です。


ついでに、ストリートビューも開いてみました。
ところが、角度を変えて覗くと…。

b0275715_23421814.jpg

同じ建物なのに、店名表示が違います。
たぶん、「撮影日が違うのだろう」と予想がつきます。
また、「病院は前のショールームをそのまま使ったのだろう」とも予想がつきました。


「薬がなくなってからでいい」と言われましたので、
  たぶん、来年からお世話になることになりそうです。
「最後なので大目に出しておきます」と、
  90日分も処方してくれました。
便秘を嫌ったための「消化剤」なんです。

b0275715_23424485.jpg

手術前に、とても苦しんだことが思い出されます。
それ以来、なくてはならない薬になってしまいました。







********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-08-27 23:51 | Medical check | Trackback | Comments(0)


7月14日に行われた特定健康診査の結果説明会が
  木更津市の福祉会館で開催されました。

b0275715_20281963.jpg

昔は会議等で利用させていただいたのですが、
  今は健康に関する訪問が多くなりました。


集団検診は集団による説明会です。

b0275715_20284132.jpg

担当看護師が審査結果の数値の見方などを解説してくれましたが、
  細かいところは良くはわかりません。
それより、危険度を色分けしてくださった資料の方が、
  門外漢には何となく意識できました。
b0275715_20290470.jpg
色分けも4~9まであり、
  幸せなことに今のところ4にとどまっています。


気になったのは医師の所見に
  脂質、糖尿について注意が必要とあった点です。
数値から見ても、まだ初期の問題だと思いますので、
  食事等に気をつけながら対処していこうと思います。



「いつでも、お気軽に…」
  この言葉に甘え、看護師に相談してみようかな…。



会館のヒマワリは、猛暑の太陽に向かって元気よく咲いていました。

b0275715_20295421.jpg

私も負けずに生きなければ…。





********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-08-25 20:17 | Medical check | Trackback | Comments(0)


中央病院は「かかりつけ」の病院となってしまっています。
医師は次々に変わっていきますが、
  私のカルテは統合的に保有されているはずです。
建物や設備の評価も近隣の中では際立っています。
だから、死を迎えるまでお世話になる病院だろうと思います。


b0275715_15171622.jpg

『君津中央病院の公式サイト』の画像拝借



今日は、血液検査とCT検査です。
大腸がんの関係で、術後の検診です。


いずれも慣れたもので、スーパーにでも行くくらいの心境でした。


血液検査は看護師により、様々です。
血管が探せず、何度も針を刺す人もいます。
針の挿入で、痛さを感じる人もいます。
今日の担当はまずまずの看護師でした。
評価は「合格!」だと感じました。


CT検査も難なく終わりました。


待ち時間のためにと本を持って行きましたが、
  読まずに終わってしまいました。
病院にいたのも30分程度だったと思います。


会計で、支払った料金は5,460円…。
高いのでしょうか、安いのでしょうか。
私の年は2割負担なので、
  実質は27,300円…。
安いのでしょうか、高いのでしょうか。


私には高いように感じるのですが…。
貧しい人は病院に行くことを我慢してしまいそうです。
貧しくても、リッチな生活をしていても、
  最低限の生活を保障できない国はいい国だとは言えぬように思います。



この歳になると、そんなことが頭をよぎります。







********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-08-22 15:26 | Medical check | Trackback | Comments(0)



結論から申し上げますと「異常なし」でした。
内心、笑みが現れたのは言うまでもありません。


b0275715_00060087.jpg


いつも思うのですが、
  知らぬ者同士が一堂に集まり、一日を過ごします。
共通の課題を抱える仲間の連帯感とでも言うのでしょうか、
  帰る頃は会話の弾む仲間となっています。
今日もそんな同志が12名、一室で過ごしたわけです。


ほぼ同年代の同志は、
  結果は様々なものを持って帰りました。
当たり前ですね。
これだけ長く転がした中古車ですから、
  何か不具合があるのは当たり前です。
病院には年寄りが多いと言われますが、
  当然の現象だと思いませんか。
歳をとると余計にそう感じます。
何かの不具合を抱えて過ごす人生終末です。


「健康寿命」などと言う言葉がありますが、
  願いとは違い、それでいいのじゃないでしょうか。




とにかく個人的には「異常なし」の判定にホッとしています。


b0275715_00063957.jpg





********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-08-21 00:00 | Medical check | Trackback | Comments(0)


健康を維持するために、体を動かすように心がけています。
朝夕には簡単な体操を取り入れています。
その一つに、「ぶら下がり健康器」があります。


最近のアップをご紹介します。
     2018-01-24『ぶら下がり健康器』は こちら
柱と柱に板を取り付け、その間をパイプでつないだ自作の器具です。


今日もそんな器具にぶら下がっていました。
ふと前方を見た時に、こんな光景が飛び込んできました。

b0275715_23394832.jpg


いつもと変わりのある景色ではありません。
毎朝、ぶら下がるたびに見ていたはずの光景です。


今日は、その先に私のソナーがロックオンしたんです。
キッチンではなく、出入り口の扉の窓、
  さらにその先の里山の緑でした。

b0275715_23412125.jpg




自分だけの健康なんて、チッポケな考え見えてきます。
過酷な天候に耐えて、緑は色濃く迫ってきます。


正に季節は夏なのです。
「ぶら下がり健康器」にぶら下がりながら、
  チッポケな刹那に生きる人間の儚さを納得するのみでした。





********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-07-27 23:31 | Medical check | Trackback | Comments(0)

あまり言いたくもないグチを書くことにします。
聞きずらいことだと思いながら、
  これも人生の一刹那と自分を納得させました。


午前中、市役所と病院に出かけました。
(昼食前に済んだことだけでも「よし」としなければ…。)



市役所には「高額医療費」の申請です。
支給額はたったの1,280円です。
なのに面倒くさったらありゃしません。
法で決まっている制度なので、勝手に送金か振り込めばいいはずです。
少額のせいもあり、申請を止めようとも思いました。
これ以上書きたくありません。


帰りがけ、いつも通らぬ反対側(北側出口)に出てみました。
農協が目の前にありましたが、
  あまり私のソナーを刺激しませんでした。



次いで病院に出かけました。
いいかげんウンザリしています。
初めて眼科病院を訪れてから6カ月を数えます。
手術をした日からだと5カ月になります。
白内障の術後治療ってこんなに長くかかるんですね。


思わず先生に訴えたら、2種類あった目薬が1種類になりました。
1日4回の点眼は少なくしてはくれませんでした。
「頼めば変わるんだ…?」と思ってしまいます。


途中で通院を止めようかとさえ考えてしまいます。



グチを並べてしまいました。
たまには許してください。
(でも、本心なんです。)







********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-07-23 23:54 | Medical check | Trackback | Comments(0)


昨年と全く同じタイトルをつけるなんて、
  ゴキャブラリーの貧困さなのでしょうか…。
しかも、内容だって特筆すべきことなんてないんです。
     2017-10-30『木更津市特定健康診査』は こちら
     2016-10-03『特定健康診査、無料!』は こちら

唯一言えることは、年々健康に対する執着が強くなっていることです。
言葉を変えるなら、「命」に対する執着と表現できます。
つまりは、平易な言葉で言えば「長生きをしたい」だけなんです。



だから、今年もやって来たんです。
その木更津市の集団検診は今日からスタートです。

b0275715_22360102.jpg

混み合うことは覚悟していたのですが、こんなだとは思いませんでした。
開始5分前の会場入りですから、
  4~50番だろうと予測はしていました。
b0275715_22362411.jpg
事もあろうに…、こんなビッグナンバーだとは…。


しかし、切れの良いスッキリした数字に満足することにしました。
(本当は、待ちたくなんぞないんですよ!。)



混雑具合を画像にしようと、待ち時間を再び駐車場に帰ってみました。

b0275715_22365292.jpg

ナンバーが写り込むので、アングルに苦労しましたが、
  あきらめて修正することにしました。
満車状態だけはわかっていただけますでしょうか…。
とてつもない暑さで、早々に福祉会館に逆戻りです。



ソファー席が空いたので、そちらで待つことにしました。
しきりにスマホを覗く者、腕組みをして目を閉じ修行僧のように動かぬ者、
  様々な個性が、私のウォッチングを楽しませるとともに、
    待ち時間の退屈さを紛らわせてくれました。
夫婦で受診した者もあり、待ち時間を会話が潰していました。
その都度、呼び出す係員の言葉に反応している者もおりました。


その番号が「100」に近くになるにつれ、
  ウズウズし出すのは何故なんでしょうか。



この後の画像は、肖像権に抵触しますので、デジカメに休養を与えました。


気をつけたのは「尿検査」です。
過去のブログに投稿してありますが、
  強く心に留めるよう努力しました。
何しろ排気量の少ない軽自動車にも持たない中古車ですので…。


もう一つだけ気づいたことが…。
今年の血液検査には「止血バンド」が採用されていました。
スポーツなどで使うテーピングのような素材です。
「3分以後は外してよい」と…。
血液検査の会場を出て、係の女の子に聞いてみました。
「階下の係に聞いてみてください」と…。


感染症を心配し、適当な所に捨てては?と思ったんです。
階下の女の子は、2階にあったはずと答えるんです。
「また今から2階へ…?」
年かさの女性が受け取ってくれました。


この2つが新しい投稿かな!


また来年、健康診査には出向くつもりです。
新たな話題はないのかもしてませんが、
  我が身だけはかばって生きていきたいと思います。




********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-07-14 23:08 | Medical check | Trackback | Comments(0)


今日の老いぼれは、せっせと病院通いです。
今日の診察は泌尿器科で、
  前立腺肥大の治療目的での通院です。

b0275715_21294467.jpg

ご多聞にもれず、病気をかかえて生きています。
「健康寿命」と言う言葉からすると、
  「ボロボロの体」と言うことになるのでしょうか。


そうは思わないんです。
これだけプロとお付き合いしているのですから、
  大きな病気には至らず未然に防げるんだと豪語しています。
これが「早期発見だ!」と…。
強がりではありません。
廃車寸前のこの体とうまく付き合う秘訣だとさえ思います。


これを「多病息災」と呼んでいます。



そんな中央病院にドクターヘリが下りてきました。

b0275715_21300817.jpg

昔、お世話になったヘリコプターです。
新しい患者さんが運ばれてきたのでしょうか。


救急車も停まっていました。

b0275715_21303287.jpg

ここにも誰かが…。


気にすることはありません。
生きているものは、必ず死が約束されています。
明らかであることは、
  「今は死んでいない」と言う事実です。
その後の不安は、ゆっくりその後に考えましょう。
時間は無限にあるのですから…。


(今日はかなり強がって書いてみました。)





********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-06-26 21:38 | Medical check | Trackback | Comments(0)


「進入禁止」のマークが私を拒むのなら、
  こんなに嬉しいことはありません。

b0275715_16332514.jpg

できれば病院なんて来たくない場所です。
しかし、処方される降圧剤は、
  私に一生つきまとうことは事実です。



降圧剤が必要になったのは9年前にさかのぼります。
出勤の朝に、異変は始まりました。
車のチェンジレバーを、間違えたのです。
「前進」と「後退」を間違えるなんてありえません。
その時は「ウッカリミス」だと、気にもしませんでした。
(本当は気にすべきだったのです。)


リタイヤ後、介護施設の送迎をさせていただき、
  その日もいつも通り出勤しました。

b0275715_16334607.jpg

予定された利用者さんのお宅を廻りました。


途中で気持ちが悪くなり、少なからず気にし始めました。
施設についたときは、吐き気が始まり、
  実際におう吐してしまったのです。
救急車で中央病院へ、
  ドクターヘリで鶴舞にある県循環器病センターへと運ばれました。

b0275715_16340700.jpg

発症は小脳出血でした。
鶴舞に一晩、その後は中央病院に10日ほど入院しました。
手術もせず、後遺症もないのが救いでした。



それ以来、降圧剤は離せない薬になりました。
定期的にいただく降圧剤が、一生涯つきまとうことになったんです。


だから、進入禁止のマークがあったって、
  いそいそと通うことになりました。
3カ月後には、またこの坂を上ることになります。





********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-06-19 16:39 | Medical check | Trackback | Comments(0)