ブログトップ

福ちゃんの里山通信

fukuchanck.exblog.jp

木更津の里山から発信します。

カテゴリ:里山情報( 304 )


請西地区、村をあげてのイベント「カラオケ大会」です。
当初は矢崎公園の集会場で行っていたのですが、
  今はカラオケ店の一室を借りきって実施しています。


カラオケは大好きだし、地区にも知り合いを増やせます。
老後の健康維持にも効果があると言われています。
だからではないのですが、いつも楽しみに参加しています。



待ち望んだ今日がその日です。
少しですがお酒も入りますので、歩いて出かけました。
15分ほど前でしたが1番乗りでした。

b0275715_22562624.jpg

2階の広い部屋を予定していたのですが、
  キャンセルが多く急きょ1階の一回り小さい部屋に変更です。
(狭いと通路が十分ではないのではと懸念…。)



集まったのはカラオケ好きたちでしょうか。
切れまもなくリクエスト曲が予約されます。

b0275715_22565067.jpg

私たちの曲は、示し合わせたように「演歌」です。
もちろん私も例外ではありません。
b0275715_22570951.jpg
みんなの声に若さがにじみます。
唄わぬ人もおりましたが、
  カラオケ好きたちは1曲では終わりません。
b0275715_22573826.jpg
これが若さの秘訣です。


過日アップした『生涯学習フェスティバル』でも、
  中央病院の医師から「カラオケ」を進められました。
健康な嚥下には有効だと言います。
(意を強くしました。)


つつましやかなカラオケファンもいます。

b0275715_22580317.jpg

陰に隠れて、それでもしっかりと唄います。



歳を重ねると、部屋を出ることも余儀なくされます。

b0275715_22582729.jpg

通路の両端にはそれぞれ個室があるのですが、
  聞こえてくる曲のジャンルは見事にバラエティ豊かなものでした。
(私たちは演歌に固執です。)



歌を通して触れ合える時間を作れました。
また一つよそ者のそしりを軽減することができました。
会を重ねるたびに、この地に根付いてゆけそうな気になります。



楽しかった時間は早送りで過ぎてゆきました。
外に出ると、雨が嘘だったように清々しい空が広がっていました。

b0275715_22591325.jpg

かみしめるように、ゆったりと知った歩調で家路をたどりました。
(お酒のせいもあり、自然そうなったのです。)






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-11-20 23:06 | 里山情報 | Trackback | Comments(0)


いつものルートを逆にしてみました。
愛犬との里山散歩です。
YOUKIの嬉しさが突っ張るリードに伝わります。



おや?


足を停めさせたのは近所のご主人です。


大きなシートをキャンバスに
  しきりに絵筆を動かす後ろ姿です。

b0275715_21542786.jpg

野次馬の眼は早速輝き始めました。



キャンバスは不織布です。
絵の具はポスターカラーです。



何に使うのか、疑問が脳内を駆け巡ります。
もちろん、質問となって投げかけます。
ご主人いわく、
  『青葉の森』で発表する演劇のバックだと…。

b0275715_21544989.jpg

舞台監督もしていると言うのです。
不思議さは癒え、多彩な活動に敬服を覚えました。



少年サッカーの指導の話も聞いていました。
自衛官をリタイヤしてから、一緒に家庭菜園も楽しんでいます。
作る作物も多様なんですよ。
そこには聞かぬ種類の野菜も栽培されています。



描く絵は銀杏とモミジの散る2枚の樹木の絵です。

b0275715_21551904.jpg

バックを描く裏方の仕事もこなしていたんです。



絵を描くことが好きだと言う認識は、
  以前から彼の庭に感じていました。

b0275715_21554077.jpg

自作の庭のブロックは彼のギャラリーです。



突っ張っていたリードでしたが、
  けなげにもYOUKIは何も言わずに待ってくれました。
デジカメに記憶を記録し、
  すぐにでも原稿に落としたい欲望を抑え里山散歩を続けました。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-11-14 17:47 | 里山情報 | Trackback | Comments(0)


あなたは何処にゴミを持って行きますか?


家の近くには必ず市のごみステーションがあります。
当然、我が家のすくそばにもあります。

b0275715_18591677.jpg

何年か前にお金を出し合い、屋根を取り付けたステーションです。


カラスに荒らされて苦労したこともありました。

b0275715_18594005.jpg

様々な対策がとられました。
  ・時間を守ること
  ・容器に入れること
  ・網をかけること

b0275715_19000507.jpg
結論は、「住人の意識」に尽きます。


しかし、ルールを守らぬ人も多いんです。
気づかなかったのは仕方ないのですが、
  中には他市町村の人もおられるとか…。

b0275715_19004281.jpg

この貼り紙が今日の記事を書かせています。


不法投棄やポイ捨てが後を絶たぬことを考えると、
  まだまだ程遠い先の話なのかもしれません。
でも、別の人がかたずけていることを想像してあげて欲しいんです。


ごみステーションなどと言う建造物はなくとも、
  それぞれの意識でうまく回転している地域もあります。

b0275715_19391423.jpg

ルールがある・なしではなく、
  支え合って生きていくことへのモラールです。



などと言いながらも、若い時の自分には耳の痛い話です。

こんなことには誰だって正解を答えられます。
入試に合格する方法なら、誰だって答えます。


大切なのは、正解を「答える」ことではなく、
  正解を「行動する」ことだと思います。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-11-12 19:50 | 里山情報 | Trackback | Comments(0)



コンクリートの壁の一部に
ブラシがかけられました。



汚れを落とそうとし、
飽きてしまったのでしょうか。



ほんのわずかな作業は
見る人の頭を悩ませます。


b0275715_00581069.jpg



内緒で太陽が耳打ちしてくれました。



「千日草が秋の風と遊んだんだよ。」



b0275715_00591200.jpg


千日紅の風との戯れは、
隠すことのできない痕跡を遺しました。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-11-10 11:08 | 里山情報 | Trackback | Comments(0)


YOUKIとの里山散歩で、道路のこんな光景に遭遇しました。
自然にできたのでしょうか。

b0275715_08415210.jpg

それにしては、あまりにも正確な「円」を描いています。



『文京公民館祭り』でも同じ「円を」駐車場に発見しました。

b0275715_08422110.jpg

私の好奇心はに解答をせがみます。


館の職員に聞いてみました。
「わからぬ」と、解答は出してくれませんでした。



桜井公民館にも行くことがあり、
  再度そこで奇心は増殖させられました。
全く同じ「円」が駐車場にあったんです。


「聞くは一時の恥、知らざるは末代の恥」


公民館窓口で同じ疑問をぶつけました。
やはり、公民館の職員は「わからぬ」と言う解答です。
館長を含め駐車場に出てきてくれました。


館長曰「テストピースの跡」だと…。
さすが館長でした、。
数日間くすぶり続けたモヤモヤがなくなり、視界を広くしてくれました。



近くの公園には「テストピース」が土に埋もれています。

b0275715_11523415.jpg

花壇のエッジにしようと、もらい受けたのでしょうか。
これはコンクリート製ですが
  これが「ミステリーサークル」の正体でした。





********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-11-05 19:52 | 里山情報 | Trackback | Comments(0)


黄昏の迫る中

足を早めて

YOUKIと散歩です。



もっと早くに出ればよいのに

もうこんな時間です。




最近はとみに夜が急ぎ足です。


真夏には

暑くて

まだ家に閉じこもっていたのに…。




結果を予測し

ポケットには懐中電灯を偲ばせました。



里山には秋が揺れていました。



b0275715_20162144.jpg


遅いと言うのに

デジカメは頓着しません。




YOUKIのリードがフォーカスを邪魔します。



やがて冬がやって来ます。

シャッターの指も凍らすことでしょう。



b0275715_20164319.jpg




暗くなっての散歩の足に

帰路を急がせました。







********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-10-22 20:17 | 里山情報 | Trackback | Comments(0)


もちろん
「立秋」は
とうに過去になりました。

「仲秋の名月」も
わずかな時間ですが姿を見せてくれました。
(今年は運よく「中秋」でもあったわけですね。)

「秋の彼岸」も
お線香の煙をたて、過ぎ去りました。





秋になっていることは疑うこともない事実です。


けど、
あまり秋を意識しなかったのは、
今年の異常気象からなのでしょうか。

ススキだって、
ハギだって、
野には花開いてくれたのに…。




チンチロリン…!




秋が耳に飛び込んできました。

夕方の散歩の道すがらです。




どこで鳴いているのかはわかりません。

たぶん、
竹藪の中に決まっています。



目に映らなかった秋が、
しみじみと耳管を通って、
響いてきました。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-10-09 18:27 | 里山情報 | Trackback | Comments(0)


千葉県でもイノシシの被害が報じられています。
キョンやアライグマは、この地域にも被害をもたらします。


そこで人間は電気柵や罠を仕掛けます。
彼らは、避ける術を学習したり、
  餌食になり天寿を終えます。



子ども頃、クワガタやカブトムシを捕まえたことはありませんか。
樹液が滴る場所は、とてもいいポイントでした。


b0275715_21360762.jpg


蜂蜜や砂糖水を塗ったこともあります。
そこに寄って来る昆虫を捕えます。


シーツを広げ、ライトで照らしたことはありませんか。
光に寄って来る昆虫を捕えるのです。
いわゆるトラップです。



自然界でも巧みにトラップを作る虫もいます。

b0275715_21370596.jpg

里山のハンター・クモです。
緻密に作られたトラップは、美しくも映ります。
b0275715_21372752.jpg
彼の足は8本、神経をトラップにかかる獲物に向けます。
昆虫は6本、2本多いのは振動を感知するソナーです。
b0275715_21374850.jpg
気の長い奴で、何時間でも待ちます。
もちろん、不猟の日もあります。
b0275715_21380782.jpg
いったん獲物がかかると、ウソのように俊敏になります。
8本は触手に変わり、獲物を絡めとります。



山中に踏み入るとき、顔などに引っかかり、
  うっとおしく感じる時もあります

b0275715_21383029.jpg

それでもトラップを補強しながら、
  里山のハンターはジッと獲物を待つんです。
b0275715_21385307.jpg
そろそろ獲物も少なくなり、かからなくなります。
それでも待ち続けます。




愛おしく見えてきませんか?






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-09-29 21:44 | 里山情報 | Trackback | Comments(0)

私の「終の棲家」はもう9年も空き家のままです。

b0275715_17014869.jpg
あと10年はそうであってほしいと願っています。
周りからも一人、二人と欠けながらも、
  父母の命を全うするんだと「あと20年!」と欲を描いています。



YOUKIとの里山散歩は偶然にも
  こんな風景に出会わせてくれました。

b0275715_17022103.jpg
(9年前の「終の棲家」もこんな風に工事が進んだのでしょう。)


許可をいただき作業風景のご報告です。


作業は独りでした。

b0275715_16472131.jpg

大変さに同情すると、今や重機の存在がありました。
b0275715_16474438.jpg
ブームを広く伸ばしたクレーンや、キャタピラのついた台車で移動します。
重い石は人力だけでは大変な苦労です。
b0275715_16480510.jpg
霊園への機材の運搬はもちろんブーム付きのトラックでした。


そんな手助けを借りて、ほぼ完成をみました。

b0275715_16483897.jpg

でも、珍しいデザインです。
洋風でも、ずいぶん丸みを帯びています。
施主の好みなのでしょうか…。



お話をするうちに親しくなり、プライベートな関係を知り驚きました。
今回は割愛させていただきますが、
会話の中で、
  今まで間違ってとらえていたこと、無知だったことを知らされました。


一つは、塔婆の問題です。

b0275715_16491694.jpg

無宗教かと思っていた区切れのない塔婆はそうではなかったのです。
    『信仰は先祖への愛』は こちら
石材店主いわく、「神道の塔婆」だと言います。
板の先がとがっているからと言います。
(知らないと言うことは恐ろしいことですね。)


もう一つは家紋の問題です。
9年前の「終の棲家」を新築するとき、わざわざ仕様に加えたのが、
  墓石に埋め込むことでした。
貼り付ける方法は、取って付けたようで嫌だったからです。

b0275715_16494418.jpg
それにしても、これは人様々です。
彫り込んだり、埋め込んだり…。


その道の修行をするとき、
  途中まで埋め込み少し出すように指導されたと言います。

b0275715_16503122.jpg
これはそのサンプルになりますね。


私は外観を重視し、埋め込むように依頼したんです。

b0275715_16505112.jpg
個人の好みで、問題はなさそうです。


こんなものもありました。

b0275715_16511839.jpg

家紋ではなさそうです。
石材店主は、「家印」のようなものと解釈していました。


我が家にも家紋とは別に家印がありました。
重い家印入りの番傘を、やっと持って雪道を歩いたことを思い出します。


家紋はそれぞれの家庭のルーツなので、
  大切なマークだと思っています。
それにしても「餅は餅屋」ですね。



そのうち、父母や実姉・義兄にも会える日が来るのですね。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-09-20 19:01 | 里山情報 | Trackback | Comments(0)


富士山が大好きです。
今の我が家からは山に隠れて見えませんが、
  TOUKIとの散歩道からはその雄姿を臨めます。

b0275715_20461343.jpg

天候によって姿を隠す日も多いのですが、
  期待しながらその地から拝みます。
(遠くから見るからなのでしょうか…。)


世界遺産だと言いますが、
  むしろ世界に恥部をさらけ出しているような気がしおてなりません。
「世界自然遺産」として申請したのですが、
  かろうじて認定になったのは「世界文化遺産」としてだと言います。


あちこちに散らばる「ゴミ」が「自然遺産」にならなかった理由のようです。
過去の私は自然遺産の認定を阻害する存在でした。
今、その罪を償おうとシフトを変えています。



過去には里山の恥部を話題にした記事がアップしてあります。
    2013-01-06『こんな所にも 』は こちら
    2013-03-04『さび付いたキャタピラ』は こちら
    2013-06-03『本当の美しさを求めて』は こちら
    2013-06-20『……!』は こちら
    2013-07-25『バケツの底に』は こちら
    2015-04-08『繰り返し続けるアクション』は こちら
(まだあるのかもしれませんが、気づいたものだけ…。)



私が今日見たのは、何度となくタイヤに踏みつけられた空き缶です。

b0275715_20464585.jpg

拾われることなく、道路にへばりついていました。
棄てる人も、踏みつける人も、取り除かない人も、
  みんな同じように思います。


「世界自然遺産」を阻んだ人々ではないでしょうか。
「罪を償う」と言いながら、自分もその一人であることに気づきます。





********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-09-18 20:49 | 里山情報 | Trackback | Comments(0)