ブログトップ

福ちゃんの里山通信

fukuchanck.exblog.jp

木更津の里山から発信します。

カテゴリ:里山情報( 310 )


思い出の建物がまた一つ壊されてゆきます。

b0275715_11372263.jpg

ここには『請西つり堀センター』がありました。
釣り糸を垂れた日もありました。
何を釣ったか、何匹釣ったかは覚えていません。
利用したのは間違いもない事実です。



先端を小割機に付替えた油圧ショベルが動き、解体の足音は止まりません。
ノスタルジアが小声で叫ぶだけです。
「昭和の思い出を壊さないで!」…と。

釣り堀を廃業してからは、農機具を格納する小屋になりました。
トタンは錆びつき、扉すら飛ばされかけました。
その扉を抑え、補修に手を貸したこともあります。
その人もすでに旅立っています。


b0275715_11374718.jpg



すぐ目の前の土地を借り、『福chansふぁ~む』を始めたのは何年前でしょうか。
今の家庭菜園ではなく、その前の畑です。

b0275715_11381564.jpg

退職後の趣味の一つで、野菜作りに挑戦しました。
背景に見えるのがつり堀センターの建物です。
ビニルハウスで作った西瓜をいただいたこともありました。


その頃の思い出もよみがえります。


b0275715_11384325.jpg


私の思い出がかき消される頃、
  私自身もかき消されてゆくのですね。




ああ、やんぬるかな…。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2019-01-21 11:42 | 里山情報 | Trackback | Comments(0)


YOUKIとの里山散歩は、様々な出会いを生みます。
心には好奇心と言うソナーを常備させ、
  「何か面白いものはないか」とビームを照射し続けています。
海にあっては「魚群探知機」のようなものです。
空にあっては「レーダー」のようなものです。



やたら照射するのは良くないのでしょうか。
自衛隊機にあてられた韓国のレーダーが問題となっています。

b0275715_14490115.jpg

(あまり、これを語ると問題が大きくなるでしょうから、止めておくことにします。)
ブログと言う公の場にさらすのは、罪なのでしょうか。
私は、韓国に対してさらさら敵対意識を持っているわけではありません。
クレームがあればいつでもDeleteする覚悟はしています。



今日の散歩道ではこんな出会いがありました。
U字溝から水の滴る音が聞こえてきたんです。

b0275715_14492515.jpg

まるで水琴窟の設えてある庭園にでも下り立ったようです。


しばし足を停め、目をつむり、耳をそばだてました。
まさに、甕に反響する雫の響きです。


ツクバイの水で手を洗っています。
腰を落とし、石に浸み込む水音を聞きます。


心は古都にワープです。

圓光寺にいます。
宝泉院にいます。

b0275715_14494841.jpg

作務衣などを着こんでいます。
茶室に通されました。
寂寞とした空気が流れていきます。





里山にいることを思い出し、
  日課のYOUKIとの散歩を続けました。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2019-01-17 15:06 | 里山情報 | Trackback | Comments(0)


日枝神社を取り壊して新しく建てるということで、
  奉賛趣意書が回覧されてきました。

b0275715_17430689.jpg

b0275715_17431572.jpg
そればかりか、脇を通るたびに気にかかってなりませんでした。
社が壊され、樹木が伐採されているんです。
更地になってからでは…と、デジカメを持って出かけました。


伐採は進み、ほとんど倒されていました。

b0275715_17434501.jpg

建物の老朽化には納得もできますが、
  どうして樹まで倒さなければいけないんだろう?
それなりの理由はあるかもしれませんが…。
地区役員の中にも「ご神木もあるだろうに」と、
  疑問を抱く人もいたようです。
これはご神木でしょうか。
たった1本ですが、クスの大木がチエンソーの餌食を免れ残されていました。
b0275715_17440901.jpg
1本だけとなると愛おしさが余計につのります。
b0275715_17443411.jpg
この樹の下で遊んだ思い出も、どんど焼きなどの思いでもあるだろうに…。
古きものが消え、新しき息吹が生まれることで、
  歴史が繰り返されていることは知っていますし、覚悟もできています。
知ってはいても、もの淋しさは残ります。



もちろん、建物はとっくに取り壊されています。

b0275715_17445681.jpg

当たり前ですね、そのための再建ですから…。


さすがに、石造物だけはそのままにされていました。
時代を特定するのに大切な史料であることを理解してかどうかはわかりません。

b0275715_17451717.jpg

手水石や阿吽の狛犬も当然残され、石工の銘も…。
(石工名は、石が摩耗し素人には読めない物も多いんです。)


この石碑は時代も新しく、はっきりと読みとることができます。

b0275715_17454034.jpg

請西藩最後の大名・林忠崇の揮毫による神社名です。
個人的には神社内で1番大事にしたい史料です。
しかし、石碑の裏面が理解できませんでした。
b0275715_17460174.jpg
刻まれた日付はいいのですが、後から埋め込んだ白いプレートの日付です。
ここに埋め込む趣旨もよくわかりません。
(ここでは、細部への詮索を避けることにします。)



珍しい物も発見しました。
今だかつて見たことのない鳥居です。

b0275715_17462524.jpg

注連縄のつけられたどこにでもありそうな鳥居ですが、
  何と竹で造られているんです。
ありえません。
すぐにダメになるはずです。
(新しい神社ができるまでの間に合わせでしょうか。)



伐採されたこれらの材は処分すると言います。

b0275715_17465274.jpg

クスノキが多く、時代もかなり費やしています。
ご神木かも知れないという懸念もあります。
輪切りにして各個に配るなど方法はない物でしょうか。
1個千円などと値をつけ、再建の費用の足しにしても良いと思います。
とにかく、消えていくものへのノスタルジアかもしれませんが、
  少しでも長く思い出にとどめることができるのではないでしょうか。
ちっぽけなあがきかも知れませんが、
  どうせ変わってゆくのなら時代はゆっくり変わって欲しいんです。




b0275715_17472131.jpg




もうすぐ「平成」もなくなるんですね…。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2019-01-14 18:03 | 里山情報 | Trackback | Comments(0)


里山に住んで少しだけ長くなると、
  あたりの景色も変わってきます。
緑が主だった環境にも文明が押し寄せます。



里山に杭が打ち込まれ始めました。
針金が張り巡らされ、立て看板も建てられました。

b0275715_08585909.jpg

国の関与など田舎町に及ばぬことと思っていました。



ここは塚原と言って墳墓が多くあった里山です。
造成計画も古墳発掘に時計がストップさせられました。

b0275715_08592277.jpg

計画も動き始め、大手業者の宅地販売が始まりました。


そんな一角が白い杭と針金で囲われたんです。

b0275715_08594452.jpg

こちらにも確認できます。


物納でもあったのでしょうか。
自己破産し、国に没収されたのでしょうか。
いずれにしても公売の土俵にのせたれた物件のようです。



私も「ヨソモノ」としてこの土地にやって来て、
  少しずつなのですが知人も増え、仲間にも加えて頂いております。
また、新しい「ヨソモノ」がやって来るのでしょうか。
また、同じような労苦を積み重ねるのでしょうか。


そんな時、チョット先輩として、
  何か手助け出来たらいいのになぁ…。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-12-15 14:14 | 里山情報 | Trackback | Comments(0)


久々の公園掃除です。
市から補助金をもらって活動する『美化クラブ』です。
(確か以前にもアップしたことがあります。)
     『美化クラブ定例日』は こちら

冬は雑草もはびこらず、大した作業はありません。

b0275715_18513018.jpg
それでも枯れ葉は人並みに散り落ち、吹き溜まります。
今日は、それを集める作業をしました。



久々のせいか、出てきたのは3人です。
何人だってそんなことは気にしません。
私たちの行為が少しでも清々しい環境を作るのであれば、
  それだけで満足です。

b0275715_18520726.jpg
誰かが動かなければ、葉は積もるばかりです。


でも、その誰かが少しでも多くなってくれれば嬉しいに決まっています。
公園を掃除することも大事ですが、
  ご近所に仲間ができることはもっと大切です。


本来は月1で活動しているんですよ。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-12-02 19:00 | 里山情報 | Trackback | Comments(0)


市の広報無線が発する声には、なるべく耳を傾けようとしています。
様々な情報が一斉に宅配されてきます。

b0275715_02362431.jpg


一頃、多く聞かれたのは「行方不明者の捜索」です。
間もなく「見つかった」というお礼の放送が流れました。
徘徊する癖のある老人を持つと、大いに助かる情報です。
妻には「自分が呼ばれたらよろしく…」と、
  半ばジョークで話しました。


「詐欺の発生」もよくあります。
あれだけ情報を流しても、被害者は出るんですね。
危なく義母も引っかかるところでした。
警察官も来てくれたんですよ。
未然に防げたのは、やはり妻との会話が一役買ったのです。

b0275715_02371500.jpg

最近は銀行でも不審な引き出しには声をかけてくれます。
未然に防げた話が何件もありました。
ほめてあげたい事柄です。



これぞ、人と人の織りなす温かさですね。
しなくても何んらその人の責任ではありません。
わずらわしいと関係を絶っても罪ではありません。
しかし、ゴーストタウンに枯れ枝が舞うように、
  ぽっかりと空く心にすき間風が吹くような感じがしませんか。



    こちらは木更津市役所です。
    4時30分になりました。
    子どもたちは気をつけてお家に帰りましょう。
    地域の皆さんも子どもたちの見守りをお願い致します。



4時半になると、暮れようとする空にそんな言葉が流れてきます。
何だか言い知れぬ温かい血流が体中を満たします。



自転車で飛び回っていた近所の子どもに声をかけました。
「もう、帰る時間だよ!」って…。

b0275715_02374281.jpg

『ストラボ』の画像拝借


彼等はおらが里山の子どもなんです。



「おはようございます!」
部活から帰る中学生から、さわやかな声をかけられました。
もちろん言葉を返します。




この里山で、晩年を過ごせることが幸せです。

なあ、YOUKI!








********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-12-01 18:14 | 里山情報 | Trackback | Comments(0)


請西地区、村をあげてのイベント「カラオケ大会」です。
当初は矢崎公園の集会場で行っていたのですが、
  今はカラオケ店の一室を借りきって実施しています。


カラオケは大好きだし、地区にも知り合いを増やせます。
老後の健康維持にも効果があると言われています。
だからではないのですが、いつも楽しみに参加しています。



待ち望んだ今日がその日です。
少しですがお酒も入りますので、歩いて出かけました。
15分ほど前でしたが1番乗りでした。

b0275715_22562624.jpg

2階の広い部屋を予定していたのですが、
  キャンセルが多く急きょ1階の一回り小さい部屋に変更です。
(狭いと通路が十分ではないのではと懸念…。)



集まったのはカラオケ好きたちでしょうか。
切れまもなくリクエスト曲が予約されます。

b0275715_22565067.jpg

私たちの曲は、示し合わせたように「演歌」です。
もちろん私も例外ではありません。
b0275715_22570951.jpg
みんなの声に若さがにじみます。
唄わぬ人もおりましたが、
  カラオケ好きたちは1曲では終わりません。
b0275715_22573826.jpg
これが若さの秘訣です。


過日アップした『生涯学習フェスティバル』でも、
  中央病院の医師から「カラオケ」を進められました。
健康な嚥下には有効だと言います。
(意を強くしました。)


つつましやかなカラオケファンもいます。

b0275715_22580317.jpg

陰に隠れて、それでもしっかりと唄います。



歳を重ねると、部屋を出ることも余儀なくされます。

b0275715_22582729.jpg

通路の両端にはそれぞれ個室があるのですが、
  聞こえてくる曲のジャンルは見事にバラエティ豊かなものでした。
(私たちは演歌に固執です。)



歌を通して触れ合える時間を作れました。
また一つよそ者のそしりを軽減することができました。
会を重ねるたびに、この地に根付いてゆけそうな気になります。



楽しかった時間は早送りで過ぎてゆきました。
外に出ると、雨が嘘だったように清々しい空が広がっていました。

b0275715_22591325.jpg

かみしめるように、ゆったりと知った歩調で家路をたどりました。
(お酒のせいもあり、自然そうなったのです。)






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-11-20 23:06 | 里山情報 | Trackback | Comments(0)


いつものルートを逆にしてみました。
愛犬との里山散歩です。
YOUKIの嬉しさが突っ張るリードに伝わります。



おや?


足を停めさせたのは近所のご主人です。


大きなシートをキャンバスに
  しきりに絵筆を動かす後ろ姿です。

b0275715_21542786.jpg

野次馬の眼は早速輝き始めました。



キャンバスは不織布です。
絵の具はポスターカラーです。



何に使うのか、疑問が脳内を駆け巡ります。
もちろん、質問となって投げかけます。
ご主人いわく、
  『青葉の森』で発表する演劇のバックだと…。

b0275715_21544989.jpg

舞台監督もしていると言うのです。
不思議さは癒え、多彩な活動に敬服を覚えました。



少年サッカーの指導の話も聞いていました。
自衛官をリタイヤしてから、一緒に家庭菜園も楽しんでいます。
作る作物も多様なんですよ。
そこには聞かぬ種類の野菜も栽培されています。



描く絵は銀杏とモミジの散る2枚の樹木の絵です。

b0275715_21551904.jpg

バックを描く裏方の仕事もこなしていたんです。



絵を描くことが好きだと言う認識は、
  以前から彼の庭に感じていました。

b0275715_21554077.jpg

自作の庭のブロックは彼のギャラリーです。



突っ張っていたリードでしたが、
  けなげにもYOUKIは何も言わずに待ってくれました。
デジカメに記憶を記録し、
  すぐにでも原稿に落としたい欲望を抑え里山散歩を続けました。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-11-14 17:47 | 里山情報 | Trackback | Comments(0)


あなたは何処にゴミを持って行きますか?


家の近くには必ず市のごみステーションがあります。
当然、我が家のすくそばにもあります。

b0275715_18591677.jpg

何年か前にお金を出し合い、屋根を取り付けたステーションです。


カラスに荒らされて苦労したこともありました。

b0275715_18594005.jpg

様々な対策がとられました。
  ・時間を守ること
  ・容器に入れること
  ・網をかけること

b0275715_19000507.jpg
結論は、「住人の意識」に尽きます。


しかし、ルールを守らぬ人も多いんです。
気づかなかったのは仕方ないのですが、
  中には他市町村の人もおられるとか…。

b0275715_19004281.jpg

この貼り紙が今日の記事を書かせています。


不法投棄やポイ捨てが後を絶たぬことを考えると、
  まだまだ程遠い先の話なのかもしれません。
でも、別の人がかたずけていることを想像してあげて欲しいんです。


ごみステーションなどと言う建造物はなくとも、
  それぞれの意識でうまく回転している地域もあります。

b0275715_19391423.jpg

ルールがある・なしではなく、
  支え合って生きていくことへのモラールです。



などと言いながらも、若い時の自分には耳の痛い話です。

こんなことには誰だって正解を答えられます。
入試に合格する方法なら、誰だって答えます。


大切なのは、正解を「答える」ことではなく、
  正解を「行動する」ことだと思います。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-11-12 19:50 | 里山情報 | Trackback | Comments(0)



コンクリートの壁の一部に
ブラシがかけられました。



汚れを落とそうとし、
飽きてしまったのでしょうか。



ほんのわずかな作業は
見る人の頭を悩ませます。


b0275715_00581069.jpg



内緒で太陽が耳打ちしてくれました。



「千日草が秋の風と遊んだんだよ。」



b0275715_00591200.jpg


千日紅の風との戯れは、
隠すことのできない痕跡を遺しました。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-11-10 11:08 | 里山情報 | Trackback | Comments(0)