人気ブログランキング |
ブログトップ

福ちゃんの里山通信

fukuchanck.exblog.jp

木更津の里山から発信します。

カテゴリ:myガーデン( 282 )



この花が我が家にやって生きたのは、2年前のことでした。

b0275715_23590167.jpg

ブログにもアップしてあります。
     『松竹たてて 門ごとに…♪』は こちら

b0275715_23512243.jpg
寄せ植えの「門松」に選んだのがこの花です。
全て『趣味の園芸』の受け売りです。


名は「ジュリアン」、気に入って毎年植えています。

b0275715_00085755.jpg

どこがいいかと言うと、実に花期が長いんです。
うまくすると半年は花を開かせます。


多年草なのに「毎年植える」と書いたのは、図鑑に「一年草扱い」とあったからです。
12月に花の咲いている苗を購入したのですが、
  モノグサの花壇にはまだまだ咲き続けてくれています。

b0275715_00093509.jpg

そう高くもなく、
  開花期の長さから言ってオトクな品種だとは思いませんか。


ぜひ、皆さんの一株にも加えて育ててみてください。
絶対の後悔は与えない品種だとお薦めします。




どうやら「令和」も共に生きて行けそうです。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2019-04-06 23:52 | myガーデン | Trackback | Comments(0)


この世に命が与えられ、限りある時間を共に生きています。



「こんな所に…!」と過去のブログにもアップした事があります。
     2017-05-23『今をひたすら生きる』は こちら
丸太の上に自分の生涯を決断した潔さに心を揺さぶられました。



ところが…。

b0275715_18433891.jpg

よりによって、こんなところを選んで命を燃やし始めた奴もいます。
b0275715_18440127.jpg
「何んで…?」と彼の選択を疑います。
b0275715_18442378.jpg
風に飛んできて、たまたま棲みついたのがここでした。


だったら、そこが自分の生きる環境、
  決めたのだから生き抜くしかありません。
いずれは尽きる命だけれど、それが運命です。

壺の蓋を取り外してみました。

b0275715_18445399.jpg

しっかりと命を伸ばしていました。


再び、ふたを閉めて見守ることにします。





以前のブログにも書きました。



朝顔に

釣瓶とられて

もらひ水






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2019-03-23 18:45 | myガーデン | Trackback | Comments(0)


せっせと作った天水桶にはだいぶ歴史が加わりました。
2013年11月には当初の模様がアップしてあります。
     『子どもの頃にあった天水桶』は こちら
     『子どもの頃にあった天水桶(2)』は こちら


小川で捕まえたメダカを天水桶に放流しました。
メダカのため、ホテイアオイを浮かべました。
スイレンが咲き、ホテイアオイの花も鑑賞しました。
繁茂し出したアオミドロを撲滅するために黒いシートで遮光もしました。



近頃、また藻が生え始めまたんです。
その死骸やら、ホテイアオイの根やらで、
  底にはだいぶヘドロが目立ち、気になっていました。


そこで一念発起、天水桶の大掃除に取りかかりました。
ところが一筋縄ではいきません。
歴史は私の体力にも陰を落としていたんです。
メダカの棲み家にと沈めたタメマスがこんなにも重かったなんて…。
あきらめて妻の帰りを待つことにしました。
女手を借りてやっと引き上げました。

b0275715_22582773.jpg

からきし意気地のない自分を思い知らされました。



水を落とし、内部のたわし掛けです。

b0275715_22585177.jpg

意外に深さも感じました。
もう、これが最後かもしれません。


メダカは、とりあえず仮住まいです。

b0275715_22591458.jpg



エサも与えました。
汚れが混じってよくわかりません。
水は天水桶にあったものなんです。
しばらくはここで暮らしてもらいます。


そうそう、タメマスのフタもたわし掛けして乾してあります。

b0275715_22595455.jpg





メダカ君たち、しばらく辛抱してくれな!






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2019-03-20 23:06 | myガーデン | Trackback | Comments(0)



暖かい太陽が里山を包みます




何処からともなく

漂う春を覚えました





そうだ

我が家にも…。





b0275715_12392308.jpg




斜面に建つ我が家は

襟を立てて春をこがれます


足踏みを続けているんです






風に流れてくる香りが

束の間の嗅覚に束の間の春の贈り物です







足音は確かに聞こえて来ています







********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2019-02-25 15:44 | myガーデン | Trackback | Comments(0)


テレビショッピングなどあまり利用しないのですが、
  あまりにも安価であることと、抱えている我が家の悩みから申し込んでみました。
「雨どいの清掃」です。


悩みと言うのは、数年前に、雨どいから水があふれたことがあったんです。
里山に建つ我が家は周りに樹木が覆いかぶさっています。
そこから枯れ葉が吹き溜まり、雨どいを詰まらせたのでしょう。


やがて解消されたのは、風に飛ばされたか、
  腐食し樋を流れ落ちたのかも知れません。
また、山林の地主が一部の樹木の伐採もしてくれました。

その様子は以前のブログにアップしてあります。
     『我が家に太陽が…』は こちら

「だったらいいじゃないか?」とも考えられますが、
  将来に負の遺産は残したくないんです。
「また詰まるかも?」と言う悩みは払拭できません。



チャイムが鳴り、再び鳴らされました。
おまけに、電話もかかってきました。
「そうだ、予約してあった日だ!」
慌てて応対しました。



この歳でとても高いところには登れません。
プロは2連梯子を使って登っていきます。

b0275715_00025146.jpg


おまけに高圧洗浄機のホースもひき上げます。
それだけでもすごいことなのに、屋根の上で作業をするんです。
(当たり前か、それが商売なんだものね。)
b0275715_00032175.jpg

それにしてもプロはひるんでなんかおれません。
b0275715_00035028.jpg

見てるだけでも身がすくみそうです。
(若い時はそうではなかったのに…。)
着実に水流で掃除してゆきます。
b0275715_00041347.jpg

これだけでも今回の契約の満足度は100%です。


悩みの問題点ですが、あまりゴミもなく解決です。

b0275715_00043307.jpg


少しだけたまっていたゴミも取り除き、
  契約にない「落葉避けネットの取り付け」までしてくれました。
b0275715_00050386.jpg

とは言ってもネットは買い置きした金網で、水のあふれた個所だけです。
b0275715_00052695.jpg

よごれがさほどでもない雨樋も、全てに高圧水を吹きつけてくれました。
(満足度100%が本音だってわかりますよね。)



料金は税込み5400円でした。
満足度120%です。
雪による雨樋の変形や、外壁の洗浄などにもアドバイスをもらいました。

b0275715_00054675.jpg




まるで二人が戦士に見えてきます。



b0275715_00063088.jpg


これでひとまず安心です。






************************************** Continue ******************* 🐕 ***






More ブログタイトル
by fukuchan-ckj | 2019-02-20 23:22 | myガーデン | Trackback | Comments(0)


もう、待ちきれません。


耐え忍んだ冬は

姿を消そうとしています。


お日様はとっくにGOサインを出しているのですが、

春をチュウチョする空気が

「もうちょっと待て」と言うのです。


やっと私の季節がやって来たのに…。



b0275715_21345074.jpg



昨年はここまで待たされませんでした。


空気を読めない奴も現れました。



b0275715_21351490.jpg




「だって、待ちきれないもん!」

みんなだって同じ気持ちです。



「みんな、もう顔を出してもいいぞ!」


(叱られたって構うもんか。)






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2019-02-18 21:39 | myガーデン | Trackback | Comments(0)


今年の紅葉は台風の塩害で見るに堪えない姿でした。
僅かでしたが、やっとしがみついて生きてきました。
それも力尽きたのが、次々とギブアップし出しました。

b0275715_23504471.jpg

庭には掃ききれぬほど後を絶ちません。


樹もそのうち丸裸にされていくでしょう。
そんな樹を見上げると…。

b0275715_23511234.jpg

夏のあいだ中、私のデジカメに「忍びの技」を強いた痕跡が…。


はっきりとゲストのあった証拠が見て取れます。
今は訪れることのなくなった
  山鳩(キジバト)のマイスートホームです。

b0275715_23513843.jpg

まだ、少しの葉が残っていますが、
  そのうちもっと露わな様相を見せるでしょう。



息をひそめ、ゆっくりと望遠を覗きました。
彼等も物音には神経をとがらせ、
  幾度となく身動きを停めました。

b0275715_23520476.jpg

その都度、「だるまさんが転んだ」情態にさせられます。
     
以前のアップ『追い払ったバードガーデンの暴君』は こちら


キジバトの習性で、また同じ巣を使うことがあると聞きます。
それを信じて、巣は取らずに置きます。
剪定作業はしなければなりませんが、
  再会を祈って工夫しようと考えています。


だから、
  また来年会おうね。

きっとだよ!






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-12-29 23:39 | myガーデン | Trackback | Comments(0)



菊栽培なんて偉そうには言えない我が家の秋をレポートしてみます。


庭にはいくつかの菊が咲いています。
それぞれに思い出のある菊たちですが、
  モノグサな私のもとにやって来ると元の姿は消えます。
丹精を込めて仕立てるなどはできません。


亡き母が育てていたドーム型の菊は
  放っておいても毎年同じ半球形の花を咲かせてくれます。
仕立てられた大菊でも、差し芽などはしませんので庭ではスプレー菊です。
それでもいいんです。
そんなつながりが我が家の庭に息づいてくれていることが私の菊栽培です。


庭で秋を彩ってくれた菊も、過日の先祖の墓には「思い」と重なって咲きました。



今日は、いただいた福助の一鉢です。
出会いは公民館の文化祭です。
私たちのサークルの展示に華を添えてくれた菊でした。

b0275715_10222127.jpg

出品する作品も大事ですが、秘かの添えられる華に心が動きました。
遊びと言うか、余白・空間と言うか、
  その部分が余計に出品してある作品を引き立てます。
(「添える」と言うにはあまりにも見事な菊でしたが…。)


彼が「必要ならくれる」と言うのです。
     『レインボーは文化祭反省会』は こちら
詳細は重複しますので避けますが、そんな好意が庭に咲いてくれました。



今、その菊に引導を渡そうとしています。
花色にも赤が混じり始め、枯れ始めた花弁も増えました。

b0275715_10225799.jpg

そこで大輪に鋏を入れました。
来年、我が家の庭の仲間にしようと言う試みです。


愛情をこめて仕立てられた様子が、鋏を躊躇させます。
水やり・消毒はもちろん、矮化剤を投与したり、花直し皿もかぶせたのでしょうか。
お返しするために、部品も丁寧に解体しました。

b0275715_10234079.jpg

支柱は福助の花丈にあわせスライドするものでした。
ぶれないようにしっかりと紐で結ばれていました。



これから株を我が家の庭に植えようと思います。



そうそう、この菊には『国華越山』と名札がつけられていました。



追伸:前出のブログには間違いがありました。
彼の作品は4市が対象の『第44回君津製鉄所菊花祭』
  「福助の部」で最優秀賞をとったと言うことです。

b0275715_10240640.jpg

もう、私の思い出の中にしか咲いていません。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-11-29 10:50 | myガーデン | Trackback | Comments(0)




悠久に時は流れます。



流れに掉さすこともなく、


穏やかに生涯を過ごします。




世の中には不文律のように


一定のルーティンが生まれ、


秩序が生まれます。






時の流れに逆らう異端児も生まれます。





なあ、

まだ早いんじゃないか…?

b0275715_23134112.jpg


お前の旬がやって来た時、

どうするんだ!






お前は

仲間の中でも早いと言われていても、

先に花を咲かすんじゃなかったのかい?

b0275715_23143284.jpg


それを観たいのに…。





花桃も

河津桜も

流れに逆らおうと言うのでしょうか。





今年の陽気は、

彼等ばかりでなく

この俺も

どうにかされそうな勢いです。








********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-11-23 15:10 | myガーデン | Trackback | Comments(0)


今年の異常気象は「福chansふぁ~む」の作物にも大きな影響を与えました。
適当な太陽の光や雨の水分補給は、
  野菜たちにも必要不可欠な恵みです。
しかし「過ぎたるは及ばざるが如し」です。
台風の強風は緑を変色させました。
おまけに、畑のネットも吹き飛しました。

b0275715_01394142.jpg

「塩害」は公平極まりもなく、我が家を襲いました。



おかげで、今年の「モミジ狩り」は来年に延期です。
狭いながらも「myガーデン」には3本(3種類)のモミジを植えています。
それが、季節のいたずらでリズムを狂わされました。

b0275715_01413858.jpg

微かに残された緑は紅葉するのでしょうか。
b0275715_01420120.jpg
しかし、来年に延期せざるを得ない理由がはっきりと見えてきます。
b0275715_01430813.jpg
おまけに、地表にたたきつけられた姿で、
  はっきりと私に引導を渡します。
b0275715_01433717.jpg
敷かれた御影石が、それを弔らいます。



来年は期待しています。
仲間との「モミジ狩り」だって予定しているんです。


ごしょうだから、来年だけは「いたずら」をご勘弁ください。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-10-29 13:44 | myガーデン | Trackback | Comments(0)