人気ブログランキング |
ブログトップ

福ちゃんの里山通信

fukuchanck.exblog.jp

木更津の里山から発信します。

カテゴリ:福chansふぁ~む( 104 )


2つの作業は、
  ①雑草を埋める穴を掘ること
  ②支柱格納の棚を作ること

すでに①は報告済みです。
     『福chansふぁ~むでの2つの作業①』は こちら


②の作業を思い立ったのは、こちらの現況があったからです。

b0275715_19412425.jpg

もとより棚は作ってありました。
竹の支柱は、土に触れ、水分を含むと長持ちをしないことは承知していました。
こんな工夫もしたことがあります。
b0275715_19441426.jpg
下にタイルを敷き『福chansふぁ~む』の角にたてかけました。
全て湿気から逃れるための策なんです。


ところが、劣化には太陽の日差しを計算しなければいけないことに気づきました。
これが最後の作業と、少しだけですが長持ちさせることも考えました。
柱を鉄パイプで、枠を板材で計画しました。
もちろん、屋根も考えました。


作業は大好きなので苦労などはありません。
鉄パイプだって簡単に切断です。

b0275715_19444244.jpg
工具があるので板枠だってたやすく出来上がりました。


勇んで組み立てようとした時です。
板枠の数が足りません。

b0275715_19450970.jpg
(間抜けですね…、くれぐれも、痴呆ではありませんよ。)
急きょ作り足しました。
廃材を使い、使い残した塗料で仕上げたので、
  出来上がった色が異なります。
b0275715_19452931.jpg
それでもかまいません。
初期の目的は逸脱しておりません。



雨にもたたられ、作業が長引きなかなかはかどりません。
どうにか組み立てにこじつけました。
穴掘りは、姉にもらったコイツが役立ちました。

b0275715_19455631.jpg
土を上げやすく、刃先に角度がついているんですよ。


スクリュー式の穴あけを菜園仲間が貸してくれ、作業もはかどりました。

b0275715_19461578.jpg
菜園の土はあまり硬くなく、有効でした。
聞くところによると、通信販売で購入したと言うことでした。


何んとか組み上げることができました。

b0275715_19464358.jpg
組み上げただけでなく、今回はもう一つだけ欲を貼りました。
枠の高さに少しだけ傾斜があるのがわかりますか。
劣化を遅くするため、屋根をつけ太陽光を避けようと言うわけです。
b0275715_19471162.jpg
それだけでなく、降った雨を溜めて潅水に使おうと言う野心を持ったわけです。
まだ、水槽を手に入れておりませんので、
  完全に出来上がるのはもう少し先の話です。



でも「上棟式」はできますね。
お餅を放ることはしませんが、祝杯なら得意です。
(上棟式は屋根を付ける前でしたね…。)






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2019-03-25 19:47 | 福chansふぁ~む | Trackback | Comments(0)


野菜を作ったり肥料を施したりすることはもちろんですが、
  そのための大切な2つの作業をしています。
通年の作業と違いますが、必要感は強く感じていますので、
  栽培の少ないこの時期に取りかかりました。


作業は次の2つです。
  ①雑草を埋める穴を掘ること。
  ②支柱格納の棚を作ること



の穴は2年ぐらい使いますので、かなり深く掘りました。

b0275715_21050690.jpg

掘った土は肥料分の高い「黒土」です。
『myガーデン』に持ち帰って他の土とブレンドし、鉢替え用にもしました。


それにしても土の量は多く、穴の分だけ周りに山ができます。

b0275715_21052771.jpg

穴の大きさも深さも、「2年分」と目標を立てたんです。


穴から出る時には苦労しました。
深くしたことに後悔はないのですが、
  周りを崩さないようには気を配らねばなりません。
(せっかく上げた土を落とすなんて苦労のかいがありません。)

b0275715_21054873.jpg

もっと深くしたかったのですが、私のコンパスの限界です。


以前の穴は通路に近く、危険防止に柵が絶対に必要でした。

b0275715_21060765.jpg

しかし、今回も設置することにしたんです。
掘り上げた土も、踏み固めて欲しくないし…。



これで3度目の穴になります。
だから前々回の穴の位置に掘りました。
掘り起こした土は養分が高いし、鉢替えの格好の土なんです。
もちろん『福chansふぁ~む』の土としても最適です。
草や茎や蔓の処理だけでなく、
  土に返すことで肥料分が濃くなり一石二鳥の作業なんです。


すでに完成し、ナバナなどを撤去し捨ててあります。
踏みしめると、腐りも早くなります。
ただで米糠も手に入りますので、ときどき投入することにしています。




の作業は事情が生じ、少し遅れていますので次回の報告とします。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2019-03-21 21:06 | 福chansふぁ~む | Trackback | Comments(0)


キヌサヤに支柱を立てました。
何の変化もない、どこにでもある風景です。
家庭菜園をする者は、誰でもする行為です。


b0275715_00360421.jpg


しかし、私には違います。
作業一つ一つに思いがあるんです。


伐採したのは12月だったでしょうか。
持ち主に承諾をいただくところから始まります。
目星をつけた竹を伐り、自宅まで運ぶのですが、
  竹は軽トラを滑り落ち苦労させられました。
表面の葉を剥き取り、日陰に放置します。
ゆっくり時間をかけて乾燥させないと寿命が短いのです。
そんな竹を組み上げたのがこれなんです。
細い竹ですがグラつくことなんかありませんよ。


細いと言ってもキヌサヤのヒゲには太すぎるんです。
そこで、この周りにネットを張っています。
百均で2枚も買えば事足りるのですが、
  わざわざスーパーで出会えたんです。
菜園仲間が「もっと安く売っている」と情報をくれました。


ここまでは良かったのですが、
  間の抜けた私が買ったのは…。
「一巻きで済む」と作業にかかった私を困惑させたのは…。

b0275715_00501743.jpg

3.6Mかと思ったのが、36Mだったのです。
百均だと20枚くらい買ったことになります。
組み立てた支柱を何周りもしたんです。


切り分けて使うことにしました。
まだまだ、かなりの在庫を持つことになりました。
(何に使おうかと考えています。)






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2019-03-14 00:36 | 福chansふぁ~む | Trackback | Comments(0)


今の『福chansふぁ~む』に土地を借りたころ、
  ここは杉の木が太陽をブロックしていました。

b0275715_23474088.jpg

畑の日照を阻害し、冬などはその影響を大いに受けました。
木を切ってくれると言いながら、しばしそのままでした。


1年後、やっと伐採してくれたのですが、
  どう言うわけか、こんな形で杉の木を残しました。

b0275715_23480645.jpg

中半端な感じを受けましたが、太陽の恵みは受けられるようになり、
  他の木もきれいに伐採されましたので異論はありませんでした。


むしろカメラに大空をおさめる時、
  恰好のアクセントとなりました。

b0275715_23482712.jpg

b0275715_23483834.jpg
b0275715_23484698.jpg
被写体として何度かお世話になってきました。



最近、新たな心配も抱くようになりました。
根本が腐り始めて来たんです。
それが進むと、倒れる恐れさえあるんです。
持ち主に知らせてあげようか、思案していました。
「おせっかい野郎」と思われるだろうか…。



でも、その心配もなくなりました。

b0275715_23493092.jpg

YOUKIとの散歩で、1本残らず切り倒されているのを見たんです。
b0275715_23500361.jpg
やはり、危険性を感じたんでしょうか。
内心「ホッ!」とし、「おせっかい野郎」にもならずに済みました。





********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2019-02-10 23:55 | 福chansふぁ~む | Trackback | Comments(0)



「ん?」
「ショッカライ?」



ブロッコリーをそろそろ撤去しようと考えていました。
今回の収穫が終わったら…と
  作業計画を立てていました。

b0275715_00115984.jpg
もう3度ほど収穫をしました。



『福chansふぁ~む』ではを「頂花蕾」食べる普通のブロッコリーを栽培したつもりです。
ところが、不思議なことに、
  半分くらいはまるでスティックブロッコリーを栽培しているかのような現象です。

b0275715_00122247.jpg
「側花蕾」と言うようです。



「側花蕾」は余りなじまない言葉です。
「ショッカライ」なら子どもの頃から耳になじんでいます。
だって、私は上総弁のネーティブスピーカーですから…。
漢字で書くと「塩辛い」となり、意味もよく分かりますよね。
(冗談はほどほどに…。)



『福chansふぁ~む』のバイブルはNHKの『趣味の園芸』『やさいの時間』ですが、
  そこで「側花蕾」のこれからの世話を話題にしていました。
これから2月くらいまで収穫できると言うのです。
早速作業計画の変更です。


根本に肥料を施し、土に空気も入れました。

b0275715_00132074.jpg

大好きなブロッコリーがまだまだ収穫できるのなら、
  冬の寒さなんていといません。
b0275715_00134369.jpg
「育てかし!」と夢を膨らめます。



残念ながら、私はリタイヤ後のにわかファーマーです。
父母は百姓ででしたが、私は「絶対になりたくない職業」でした。
父母は朝早く家を出て、暗くならなければ帰って来ませんでした。
たまに野良仕事を手伝うと、帰りは星空の下です。
だから、父母にも宣言していました。
「百姓は嫌だ!」って…。


小学生のころから飯炊き、みそ汁、お風呂は私の仕事でした。
だってそれをしておかなければ、その後の母の仕事に加わり、
  夕食はもっと遅くなるんです。



ブロッコリーを美味しいと感じる歳になりました。
『福chansふぁ~む』はそんなノスタルジアかもしれません。
百姓を毛嫌いした自分を反省しております。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-12-30 22:08 | 福chansふぁ~む | Trackback | Comments(0)


暴君は、誰一人逆らえない絶対権力者です。
情け容赦のない冷たい存在です。
パワハラだとか暴力行為だとか、
  そう罵られようが全く頓着はしません。



『福chansふぁ~む』では枝豆の育成中です。
当地で有名な「小糸在来」です。
実においしく、種豆を保存し、今年ももうすぐです。
最初に種をいただいた時、
  「種まきは7月10日」と言われたのが解せないまま、
    忠実に守り切り成功しました。
(暴君も素直な所もあるんですよ。)


b0275715_10531163.jpg

結果、ジャストヒットだったんです。
だから、今年もそれを期待し、せっせと世話をしています。



ところが、食害の痕が葉に現れました。
よく見ると、葉脈を残して柔らかい部分だけ食い荒らす奴がいます。

b0275715_10533770.jpg

葉脈ごと、片端から食い荒らす奴もいます。
b0275715_10540944.jpg
種類の違う虫なのかもしれません。
b0275715_10544170.jpg
こいつはピンセットで掴み、足で踏みつけ退治していました。



この時期になると虫の数も減ります。
(秋特有の虫も現れますが…。)
ピンセットではすばしこいバッタの奴は飛んで逃げてしまいます。
追いかけて捕まえようとしますが、
  老人にはそのすばしこさには太刀打できません。
そこで考えたのが「ハサミ」の使用です。
見つけたらそっと近づきチョン切ります。

b0275715_10550337.jpg

オスとメスとが逢瀬を楽しんでいても、暴君は残酷です。
2匹を一度にと、むしろ好機を得たかのように近寄り処刑します。
b0275715_10552986.jpg
妻は残酷だと言います。
それでもこの暴君はギロチンを持ち出します。


農薬で殺すのは「セーフ」だと言うのでしょうか…。
足で踏んづけるのは「セーフ」だと言うのでしょうか…。
牛肉はうまいと食べながら、牛は殺してはいけないと言うのでしょうか…。


私だって殺生は残酷だとは思います。
詫びながら生きていくしか、しょうがないんです。


b0275715_10555104.jpg


地獄に落ちても、生きていくしか方法を知りません。



今年も「小糸在来」は順調に育っています。

b0275715_10563084.jpg

一ケ月後の我が家の食卓には、
  ギンギンに冷えたビヤグラスとこいつとが
    私と妻とに満悦するまどろみの一時を与えてくれる事でしょう。





********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-09-16 20:03 | 福chansふぁ~む | Trackback | Comments(0)


ニラの価格が、高騰していると言います。
逆に、レタスやキャベツが安いと言います。
天候の変動はスーパーの値札にも影響を与えます。



里山の土手にはニラの花が目立ちます。

b0275715_20011284.jpg

葉や茎は固くなりますが、
  花は虫たちを誘います。
b0275715_20013583.jpg
花を咲かす目的を達成したニラは「どや顔」なのか、より美しく咲きます。



私は『福chansふぁ~む』で、ニラも育てています。
でも、里山のニラとは目的が違います。
葉や茎は柔らかくなくては困ります。
花など咲いてくれてはもっと困ります。

b0275715_20023040.jpg

そこで花芽はこまめに摘み取っています。
b0275715_20025358.jpg
秋を迎え、葉はどんどん育ちますが、硬くなり始めています。



今年は、もう一度だけ収穫したいと花芽を摘んでいます。

b0275715_20032899.jpg

少し硬くなり始めていますが、
  今年最後のニラを妻に渡そうと思います。





********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-09-15 20:03 | 福chansふぁ~む | Trackback | Comments(0)


趣味の家庭菜園『福chansふぁ~む』は野菜作りが目的なんですが、
  私の野菜作りは「試すこと」が好きなんです。
(野菜作りだけでなく、人生全てかも知れません。)


ネットを張ってみたり、蔓物を立体的に栽培したり…。
道具を工夫したり…。


他人には「農業試験場」とうそぶいています。


どうでもいいことでも、そちらに目が向くとのめり込んでしまいます。



今回は支柱の管理方法なんです。
今までは『福chansふぁ~む』に
  支柱を重ねておく棚を作り対処しました。
でも、すぐ使うものは棚ではなく、
  作物の脇に放置しました。

b0275715_22510961.jpg

支柱の間に雑草がはびこり、大量発生したカメムシも退治できません。


そこで、ネット内に立てかける場所を作りました。

b0275715_22513030.jpg

風で倒れてしまっては野菜が被害を受けます。
(これを「本末転倒」と言うのでしょうね。)
上部はロープで縛り、下部は家にあった塩ビパイプを使いました。


それだけではありません。
ここからが私のこだわりです。
「農業試験場」は竹の下部が土に触れ、雨などで劣化を早くする事に着目しました。

b0275715_22520181.jpg

塩ビパイプの下にタイルを敷いたんです。
多少は劣化を遅くできそうではないですか?


大したことでもないのに、
  ドヤ顔で異常なほど胸を張っている福ちゃんです。





********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-09-07 21:13 | 福chansふぁ~む | Trackback | Comments(0)


夏野菜にはクウシンサイが便利と育てましたが、
  害虫に食われ穴だらけです。
今年は新鮮な葉を食べることができません。



リセットとばかりに根こそぎ刈り取り、
  大嫌いな農薬をこれでもかと使いました。
ところが、農薬では死にません。
とりあえずクウシンサイを離れ、集団疎開です。


ただ単に、拡散させてしまっただけです。

b0275715_22043221.jpg

ピーマンはご覧の有様です。
チュウチュウと養分を吸い取ります。
実に取りつかれると、そこからも吸い取ります。



とりあえず枝の下にちりとりを置き、
  枝を叩いて落とします。
集まった害虫(カメムシ)は足で踏みつぶします。
一度に一握り程度が捕獲できます。


難はこいつがやたら臭いんです。
でも、これしか方法を知りません。



ナスやトマトにまで触手を伸ばしました。
ブロッコリーは違う種類のカメムシに侵されました。

b0275715_22051774.jpg

たぶん、これも収穫は望めません。



菜園全体が危機にさらされています。
そればかりか、同好の仲間も異常発生を訴えます。
もうすぐと楽しみみなエダマメ(小糸在来)が心配です。

いい方法をご存知の方はおりませんか…?





********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-08-03 22:11 | 福chansふぁ~む | Trackback | Comments(0)


トマトは大好物です。
だから、家庭菜園を始めてから毎年のように作っています。
今の菜園に移る前からです。


初代『福chansふぁ~む』でも、せっせとトマト作りです。

b0275715_17172783.jpg

育てた種類は定まってはおらず、様々です。
b0275715_17181325.jpg
販売されている苗の中から、その時の気まぐれで決めています。



今年は「中玉トマト」と「ミニトマト」を作っています。
当初、アブラムシの異常発生で悩みました。
     『畑にデーモン 』は こちら
どうにか今は収穫を続けています。



「中玉トマト」と「ミニトマト」に大差がなく、
  来年は「中玉」だけにしようかとも思います。

b0275715_17183764.jpg

ラベルは参考のためにしばらくは保存しておきます。
そこで第1の失敗がありました。
もう少し実は大きいと思っていたのですが、
  確かにラベルに書いてあります。
「実物大」と…。
3~4cmの大きさなんです。
(購入するとき、もっとよく読むべきですね。)



そのトマトの背丈も大きくなり、支柱を超え始めました。
台風の対策もあり、「蔓下ろし」をしてみることにしたんです。
収穫し終えた下の部分の葉を取り、上部を下げるんです。
ネットでも調べたのですが、
  支柱を紐で行っている例が多く書かれていました。
そこで、第2の失敗が起こりました。
大事な蔓がポッキリと折れてしまったのです。

b0275715_17185948.jpg


「シマッタ!」と思ったのは、後も祭り…。
試行した3本のうち、丁寧にも2本も…。


折れた先端には、まだ実がたくさんついているのに…!
一気に心が折られ、トマトの蔓と痛みを分け合いました。


気を取り直し、残る1本は丁寧に作業しました。

b0275715_17192118.jpg

何とか「蔓下ろし」することができました。

来年は紐で支柱を考えてみようと思います。

b0275715_17411151.jpg

まだまだ、実をしっかりとつけていますので、
  もう少し私の味覚に協力してもらうつもりです。





********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-07-28 17:53 | 福chansふぁ~む | Trackback | Comments(0)