人気ブログランキング |
ブログトップ

福ちゃんの里山通信

fukuchanck.exblog.jp

木更津の里山から発信します。

カテゴリ:木更津情報( 424 )


今日の講師にお世話になるのは、3回目となります。
全て桜井公民館での研修会です。
     2016-04-24『遊びは生きること』は こちら
     2016-09-15『おもちゃで遊ぶ・恍惚の人』は こちら
私たちは老人の集まりです。
『桜井あしたば学級』と称し、「脳トレ体験」の講師を迎えました。
講師は白石恵美子さん、テーマは「おもちゃと脳トレ体験」です。



6つのグループに分かれ、様々なゲームを体験します。

b0275715_22405581.jpg

月に1度しか会わない仲間も、ゲームで親しくなります。
笑いが生まれ、頭脳は幼児に帰ります。


半ば力が抜けながらも、それぞれ真剣に取り組みます。

b0275715_22411884.jpg

b0275715_22413334.jpg
箱書きされた年齢は学齢児にも満たない幼児期ばかりです。
私たちの年齢は幼児と同じなのでしょうか…。
「年寄り・子供」と言う言葉もありますから、そうなのかもしれません。
だからこそ「脳トレ」になるのかもしれません。



バランス感覚や指先の作業は、これまた最適です。

b0275715_22420172.jpg

遊びながら、知らず知らずのうちに訓練できているのでしょう。



「使わなければ衰える」事は承知しています。
でも、同時に楽ができるように社会が進歩してきています。



昨日、「年貢」を納めに来た仲間との会話…。
今、ゴボウを作っていると言います。
「あれは掘るのが大変」と子どもの頃の経験を話すと、
  今は機会が掘り上げると言います。
社会は変わってきています。
鍬で掘るなどは昔の話です。


周りが全てそうではないでしょうか。
私たちは「衰える」ように進化しているような気がします。
「脳トレ」は不可欠です。
痴呆に向かって進化しないように、
  意識してトレーニングしなくちゃと感じました。



公民館での学習は、何かの形で私たちに示唆してくれます。



心残りは、このゲームを体験できなかったことです。

b0275715_22422494.jpg

まだ、ルールすら知りません。
先生と4度目の再開を待つことにします。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2019-06-28 23:07 | 木更津情報 | Trackback | Comments(0)


公民館で『文京ふれあい学級』が開かれました。
内容は「糖尿病を予防する運動・食事」で、
  上総記念病院の管理栄養士・高橋沙由里さんが講師を務めてくれました。

b0275715_23425885.jpg

まだまだ若い方で、パワポの流れのみで講話が進められていきました。



糖尿病を代表とする生活習慣病は加齢に応じ、
  多かれ少なかれ抱えてくるようになります。
糖尿病は発祥しないまでも、私自身の体にも、
  肥満症・高血圧症・大腸がんは意思に逆らって同居しておりました。
それが、運動不足・片寄った食事に起因していることも知っていました。



朝に夕に、運動は取り入れて実施しています。
愛犬の散歩にかこつけて、これも朝夕2回実施しています。
エスカレーターは使わぬように努力もしています。
食事も野菜を多くとるようにしました。
晩酌も1日おきにしました。
量も理想的です。


とりもなおさず、「健康で長生き」をしたいからにすぎません。
専門家に言わせれば不十分な内容ですが、
  できる範囲で努力はしているつもりです。


会の中でもパワポの動画にあわせて、
  多くのストレッチをしてくれました。

b0275715_23432846.jpg

月に1度の学級の中だけで運動しても、気休めにすぎませんが…。


また、公民館では健康体操と称し、様々な体操も紹介してくれます。
「ふまねっと」「パタカラ」「ピラティス」「ウォーキング」「ヨガ」などなど、
  様々な形で体験しました。
「スポーツ吹き矢」などもこの範疇に入れてよいのでしょうか…。


今日は『日本糖尿病協会』の『座・TAISO』です。
文字の通り椅子に座っての体操です。

b0275715_23435092.jpg

私たちもとても素直に体を動かしました。



食事も大事な要素です。
バランスの良い食事を映像で見せてくれました。
わかりやすい弁当の例をアップしてみます。

b0275715_23441423.jpg

①は主菜、②は副菜、③は主食を表し、
  割合も1:2:3のようです。


私の場合は、1日の必要カロリーは1500kcalのようです。

b0275715_23443936.jpg

すると、一食500kcalの計算になります。
どう見ても食べ過ぎの感があります。
ご飯は一食150gが目安と言います。
これを消費するには毎日30分程度の縄跳び運動をするに匹敵するようです。


お酒は控えた方がいいと言います。
(病気の時の医者の台詞に似ています。)
私にはできそうにありません。
(市の一斉健康診査の後の保健師の相カウンセリングも似ています。)
仙人のような生活をせよと言うのでしょうか。


現在の生活習慣を描き、どこを改善させるのがよいか?
「ベスト」を望むのでなく「ベター」を実施するのでなければ、
  いくら訴えかけようが「絵に描いた餅」にしかなりません。



今日の学習会からは、「今日だけ」の体験で終わりそうな気がしました。
100%を求めるのではなく、
  今70%なら75%の到達度でいいように思うのですが…。


サラサラ貯蓄などはない人間に、「2000万円貯めろ!」と言うようなものです。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2019-06-20 23:47 | 木更津情報 | Trackback | Comments(0)


老いてくると足腰からやられてゆきます。
思わぬところで転倒したり、つまづいたり…。
気持ちでは普通に歩いているつもりが、
  生意気に体の方が脳の命令を拒絶します。



そんな私たちをおもんばかって、
  『桜井ふれあい学級』は「ふまねっと運動」です。
ネットを踏まないように歩く「ふまねっと」は何回か経験してきました。

b0275715_15032599.jpg

講師も同じ先生ですし、インストラクターも同じみの方々です。
「ふまねっと」の目的も内容も知ってはいますが、
  絶えず繰り返すことが効果を上げるのかもしれません。


歩行や手拍子・歌などと複数の負荷を加えると、
  完璧には作動しないのが年寄りの体です。

b0275715_15035594.jpg

もちろん人間はそれを回避する術を持っています。
負荷のない方向へ進んでいくのは当たり前ですが、
  若い頃は感じなかったことが負荷となることが多くなります。
すると、当たり前だった行動すらしないで済ませるんです。
できなくなります。
結果、「思わぬところ」での事故が多くなるんですね。


「ふまねっと運動」は、若い頃のように
  負荷を感じないための訓練と言っていいのだろうと思います。

b0275715_15041834.jpg

これから先、様々なものに負荷を感じ、
  イージーゴーイングな生活をしてしまいそうですが、
    いくつになってもアンチエージングを心がけたいと思います。
歳よりは、「若い!」と言われるように…。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2019-05-23 15:11 | 木更津情報 | Trackback | Comments(0)

『第1回桜井あしたば学級』に参加しました。
学習内容が「自己紹介+座談会」と書かれていたように、
  グループのミーティングが主となりました。
与えられた議題もありました。
  1、名簿への電話番号の記入の是非
  2、文化祭への参加の承諾
  3、移動教室への参加者の絞り込み

この3項目です。


「1」については全員OKで決まりました。
個人情報への配慮なのでしょう。


「2」についてはOK、NG、参加できる人の3つの意見が出され、
  結論については決定できませんでした。
以前、主催事業『草木染め』に参加した時、
  同じ様な議題が出され、「参加できる人」で了解したことがあります。
しかし、結局は文化祭当日の当番を全員に割り当てられました。
やむなく、翌年からはこの事業から「脱会」することにしました。
毎年、他のサークルで文化祭への参加が予定されているからです。
今年も2グループの計画があり、
  同じ結果になりはしないかと不安が残りました。


「3」については、『あしたば学級』の参加者が50名にもなり、
  1台のバスでは対応できない可能性があり、議題にされました。
これも結論は出なかったように思います。
バスの乗車定員をオーバーした時、
  不公平感なく実施できる方法を模索してのことだろうと思います。
参加希望者が多くならなければ解決ですが、
  参加できなかった人に不満が残らなければいいように思います。


それより気になったのは、予定日が当初から「金曜日」で組まれていることです。
バスの予定がとれなかったと言うが、
  希望日を「木曜日」で出したかどうかです。
内部事情を勘ぐると…?
「物言えば…」の諺もありますので、これ以上触れないようにします。



とにかく、参加・不参加は学級生の都合です。
その都度判断しようと思います。
たぶん「脱会」の道はないと思います。



今回も、最初と最後の回を話し合いだけでなく何か他の内容も…
  と言う意見を取り入れてくれました。
市で行っている「算数・数学検定試験」の問題をプリントアウトしてくれました。
「脳トレ」の一助としてのようです。
バカにしてかかった私はしっぺ返しを受けました。
1問はボンミスでしたが、
  「直方体の辺の数」にはそれが強く出ました。

b0275715_00191467.jpg

優しい問題でも、もう一度やってみることで何かが得られます。
鵜呑みにせず見直すことも必要です。
いい機会のなりました。


次回からもよろしくお願いします。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2019-05-16 23:59 | 木更津情報 | Trackback | Comments(0)


太田山には毎月のように出かけています。
ここには博物館もあり、桜の名所でもあるので、
  私のデジカメには多くの記録が残されています。
過去にも様々な思い出があり、
  隈なく知り尽くしているつもりの場所なんです。


ところが、こんな情報が飛び込んできました。

b0275715_00122161.jpg

そこで計画されたハイキングのニュースです。
初めての試みに飛びつき、早々申し込んでおいたのです。



すでに集まっている参加者のボンネットの上で、
  飼い主から見放された野生の猫が迎えてくれました。

b0275715_00305695.jpg

まだ遅くはないはずですが、「早く!」とせかしているようにも見えました。


加瀬氏の挨拶から今日のハイキングの始まりです。

b0275715_00311800.jpg

「7つの広場」「19の文化財」が楽しみです。
自分の知らない世界がみられるのでしょうか。



まずは4月に見た、針金の食い込んだ『鎌足桜』からです。
もちろん今は咲いていませんが、痛々しさは同じでした。


その足は『房州石の広場』へと向かいます。
質の悪い砂岩で、千葉県は鋸山から切り出した石だと言います。

b0275715_00321166.jpg

ここは唯一、請西を展望できる広場との説明でしたが、
  以前は草木が茂る薄暗い広場だったような…。
『展望の広場』からは展望できなくなっているとの説明も、
  以前はここからの方がよく見えた記憶が残ります。



次の目的地は草敷から移築された『安西家住宅』です。

b0275715_00323433.jpg

住宅内は2班に分かれての見学です。
たぶんいつもの内容と、個人的に辺りにデジカメを向けました。
b0275715_00325982.jpg
私の興味はお風呂場だと言うこの窓に向きました。
b0275715_00375101.jpg
格子戸の内側には溝が切られ、
  もう一枚別の戸がはまっていたことが想像できます。
場所から言って上部は「無双窓」が考えられますが、
  裏から見ても答えはわかりませんでした。
b0275715_00382448.jpg
だいぶ上なので覗かれる心配はないと言うのでしょうか?
質問してみましたが、疑問のままでした。
(このままだと冬の寒風は堪えるだろうに…。)



次は『展望の広場』で、元教育長・小山義雄のがありました。

b0275715_00390610.jpg

この歌の方がすぐれていると言うのでしょうか。
私には『桜の広場』にあった細井魚袋の方か…。
b0275715_00393130.jpg
(個人的な関係性からかもしれません。)



足を『木更津ビューホテル』に向けました。
事前にお話を通してくれていたのでしょう、
  飲み物とお菓子のサービスを受けました。

b0275715_00400155.jpg

主催者『太田山公園・恋の森をきれいにする会』とホテルの関係からでしょうか。
おもてなしに、心は充分な休憩をとることができました。
今年も講演会の会場として利用させてもらったホテルです。



『芝生の広場』から『ピクニック広場』『刀八神社』へと向かいます。
「トウハチ」だとばかり思っていたのが、
  「トハチ」だと知らされました。
そして、戦争遺跡・地下壕です。

b0275715_00404458.jpg

中を見てみたいと思う遺跡ですが、今は「立ち入り禁止」です。
館山市のように、整備し遺すべきだと考えます。
今回は草木に覆われず、入り口全体を撮ることができました。



帰路に出逢ったこんな風景にも心を奪われました。

b0275715_00414718.jpg

これも仕方ない時の流れでしょうか。
違和感を覚えるのは、時代遅れの老人と言う事でしょうか…???



アンケートに答えてハイキングの全日程が閉じられます。

b0275715_00423210.jpg

しかし、どうも心残りな『子供の広場』に降りてみました。
焼かれたベンチ、切り倒し放置された丸太、残骸となってしまったトイレ…。
b0275715_00431942.jpg
これらを見る限り、木更津市も本腰を入れてないと思わざるを得ません。
ボランティアに助けられ、かろうじて存在するのが太田山なのでしょう。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2019-05-13 00:58 | 木更津情報 | Trackback | Comments(0)


息子の家を訪問した帰り道でした。
妻の運転する助手席で、こんな横断歩道に出逢いました。

b0275715_20132919.jpg

途中でザックリと切り裂かれているんです。
(決して誰かがノコギリを入れたのではありません。)


この横断歩道を渡って行ったら、
  バイパスの車列に飲み込まれてしまいます。


当然、反対側にも傷口が見えます。

b0275715_20135146.jpg

使われていない横断歩道を、
  解体・撤去でもする一過程なのでしょうか。
確かにこの高架歩道を歩いている姿は見たことがありません。
今までに何人が渡ったのでしょう…。



無用の長物がたどる運命なのかもしれませんね。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2019-05-04 20:18 | 木更津情報 | Trackback | Comments(0)


今日で第17回目を数えることになります。
1年に一度の探訪を楽しみにしている一人です。

b0275715_22225721.jpg

早くから参加予約をし、カレンダーにも記入し、
  「一日千秋」のごとく首を長~くしておりました。



ところが、昨日の天気予報や空模様から不安が始まりました。
「雨かも知れない」から、「きっと雨だ」に変わっていきました。


それでなくとも加齢は体力を奪っています。
初めて参加させてもらった頃は、
  集団の先になり後になりデジカメを向けることができました。
カンデジばかりか、デジイチも持参することができました。
自分でも、思いに添う映像を撮ることができたんです。


それが今や後ろ姿の集団しか撮れません。
携えるのもカンデジのみです。
そればかりか、途中でリタイヤすることも視野に入れての参加です。
(鎌足地区なら、どこで放り出されても自力で帰れる自信がありるんですが…。)



ふたを開けてみると、雨は上がって靑空さえ見られます。
天気予報も「早朝の雨はやみ晴れてくる」と…。
「早とちりだったか」と後悔しました。
「山道は雨で滑りやすいから…」と自分を納得させていました。
(半面、参加できないことへの後悔は残っていたんですよ。)

b0275715_22232303.jpg

皆は気持ちよく鎌足公民館を出発しただろうな…。
構内の「鎌足桜」の説明を皮切りとして…。
説得はさせたものの、何か残るシコリを感じました。



昼近くなると、空の色が灰色にとかわり、
  再び雨さえ落ちてきたんです。
その雨も長く続きました。
イベント参加者の気持ちを考えるより、
  自分の決断への[ドヤ顔]となりました。
自分勝手な、卑しい根性が露呈されました。
(何とあさましい人間なのでしょう。)

参加できなかった悔しさが、こんなところでなだめられていたんです。



体力が許しましたら、来年こそは参加させてもらおうと思っています。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2019-04-27 22:24 | 木更津情報 | Trackback | Comments(0)


望陀に生まれ望陀に生きた私にとって
  「望陀布」は誇りでもあり、関心事でもあります。

b0275715_23470104.jpg

講演会があると言うので、行かない選択はありません。



何度か「望陀布」関連の講演は聞いた事があります。
2年前に聞いたその一つをご紹介します。
     『よみがえれ地元のブランド布』は こちら



その前に…。
木更津市博物館は長期休暇でしたが、
  名残を惜しむサクラを鑑賞する客の足も考え、早めに出かけました。
桜前線は北上しますが、今年の気温はそのスピードを緩めておりますので、
  講演のはじまるまでの束の間の時間を楽しもうと言うわけです。

b0275715_23475720.jpg

しかし、その期待感は、地上にばかり花びらを舞い散らします。
葉桜と言っていいかも知れません。


かろうじて残る桜をデジカメは狙います。

b0275715_23482010.jpg

どこを探しても、花弁をもぎ取られたガク片は隠しきれません。




本題は講演会でした。


幾度となくお世話になった太田山の博物館に今日もおじゃましました。

b0275715_23484100.jpg

いつもの「集会室」です。
『友の会』の総会が長引き、時間を予定より後ろにずらされ、始まりました。
講師は、私のふるさと『袖ケ浦市郷土博物館』の館長、井口崇氏です。
演題は『望陀布と古代の紡織』、
  サブテーマは『望陀布の復元から何を見るか』でした。


5~60名は集まったでしょうか。
(撮影NGでしたので、残念ながら画像はありません。)
演題に「紡織」「復元」とある通りで、
  私には「復元」は新鮮な題材でした。
かなり熟知した方に依頼したようですが
  迫るものは復元できたようですが、不満が残ったようです。
1c㎡ に20✕20を実現したようですが、
  「望陀布」の域には届かなかったようです。
「望陀布」は22✕21であり、その技術はかなり高度だったようです。
(この数字は縦糸と横糸の数です。)


井口氏の好意で、復元された布の撮影を許されましたのでアップします。

b0275715_23490787.jpg
触れることも許可してくださり、ゴワゴワした感触をあじわいました。
「垂れ衣」にも使ったと言いますが、
  「少し厚すぎやしまいか?」と言う疑問は残りました。
b0275715_23493244.jpg
『虫の垂れ衣』の画像拝借

富来田公民館で行われた『万葉集』の講演会のおり、
  「復元布を使って小物などを販売しては…」と
    その時の講師からアイデアをいただいたことがあります。
馬来田の「道の駅」でこれは実現できておりません。



今の技術ですら復元できないのですから、
  「望陀布」が高く評価されるのは当たり前ですね。
『正倉院』に遺ることでも十分ですが、
  「租・庸・調」の「調税」としてその価値も高かったようです。
名前が記されて遺る布もこれだけだとか…。


講演会で新しい事実を知ると、
  望陀が古里の私は、自然「ドヤ顔」になります。
(自分のことではないのに…。)



b0275715_23533158.jpg

オトタチバナヒメのまとう衣は、
  「望陀布」で作られた羽衣でしょうか…。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2019-04-14 23:36 | 木更津情報 | Trackback | Comments(0)


テレビでは大雪のニュースがしきりです。

b0275715_21130662.jpg

『NNN』の画像拝借

こんなことは、異常気象と言わざるを得ません。


さすがに千葉県での降雪はありませんでしたが、
  一気に冬が戻って来たため、皆んなアタフタしたのではないでしょうか。


折しも木更津市では、
  昨日が小学校、今日が中学校の入学式だと言うのに…。
式場は冷え込んで震えた新入生や保護者の姿を想像できます。



「寒の戻り」とか「三寒四温」とか、
  言葉では理解していても今日ほどの実感はありません。
おかげで、この年寄りは一日中家の中です。
YOUKIも欲求不満か、雨の中でアピールです。
やはり、ルーツは北国のようです。
「お前がよくても、ワシがだめだよ!」と言っても納得しそうにありません。
解っているので、弁解することもしませんでした。


あすは止むと言います。
「そうしたら、散歩に行こうな!」
私もからきし意気地がなくなりました。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2019-04-10 21:15 | 木更津情報 | Trackback | Comments(0)


仲間との酒宴の下見と、武田川の散策の意味で
  懐かしい馬来田の地にと足を向けてみました。
それがことごとく徒労となってしまいました。


紅葉で有名な『妙泉寺』と『真如寺』、宴会場としての某店が今回の目的でした。
そんなに悩むコースではないのですが、
  成功させるには事前調査が大事だと思っております。


『妙泉寺』では駐車場係まで出て、何やら集まりがあるようでした。
こんな日はご住職も忙しいだろうと、
  日をあらためることにしました。


『真如寺』では、庭を清める女性から、「車があるので住職がいると思う」と聞き、
インターホンをならしたのですが応答はありませんでした。
ここもまた後日となりました。


宴会場にと向かいましたが、いくら探しても店がありません。
確かにあった場所は、ありきたりの民家になってしまっていました。
とすると案を変えなければなりません。



今日は「大安」だと言うのに「天中殺」のような一日になってしまいました。
しかし、運が悪いのではなく、「より詳しく調査できる」と考えればむしろ吉日です。
人生、ネガティブにばかり物を見ていると、何も始まりません。



そんなわけで、武田川がより生えて迫り来ます。

b0275715_23481315.jpg

サクラばかりではなく、ここではナノハナも趣を添えてくれています。
b0275715_23483316.jpg
言っておきますが、公の経費なんかではありません。
地域住民のボランティア精神がこの景観を作ります。
b0275715_23485687.jpg
おかげで、のんびりとデジカメを向けることができました。



そんな傍らには…。

b0275715_23491605.jpg

芽キャベツでもなければ、ムスカリでもありません。
『福chansふぁ~む』での嫌われ者、アブラムシの軍団です。
寄ってたかって養分をむしり取ろうと言う魂胆です。


よくしたもので、「そうはさせじ!」と天敵がやって来ました。

b0275715_23493718.jpg

まるでアムロを助けるガンダムのようです。
しかし、テントウムシ1匹で戦えるのでしょうか。


そこに助っ人も現れました。

b0275715_23500277.jpg

b0275715_23501564.jpg
普段のケムシやクモは決して気持ちのいいものではありません。
今日ばかりは、モビルスーツを着て、アムロを助けます。


武田川の傍らの花壇に、厳しい自然界に生きる摂理を覗きました。
サクラやナノハナだけでなく、
  けなげにもみんな精一杯生きているんですね。


俺だって、まだまだ戦えるぞ!
(そう、虚勢を張ってみました。)






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2019-04-07 23:38 | 木更津情報 | Trackback | Comments(0)