ブログトップ

福ちゃんの里山通信

fukuchanck.exblog.jp

木更津の里山から発信します。

カテゴリ:ファミリー( 197 )


どうして、私と妻の間の年齢差って
  こうも変わらないのでしょう?
たまには逆転してくれてもいいのに…。
神が許すのなら、「お先にどうぞ…」と道を譲るのに…。


日こそ違えど、
  年に2回、妻の誕生日と私の誕生日がやってきます。
回数だけは繰り返すたびに確実に1つずつ増えていきます。
しかし、祝う気持ちには変わりありません。



「モリカケ問題」以来、「忖度」いう言葉がクローズアップされました。
安倍総理の「忖度はない」の発言がなければ、
  知らない言葉のままでいたかもしれません。
良いイメージも悪いイメージもある言葉ですが、
  すなくとも今のように嫌われる言葉にはならなかったでしょう。



忖度があったかどうかは、忖度する側から論じられることではないでしょうか。
される側が「忖度はない」ときっぱり言い切ってしまったんです。



b0275715_02275970.jpg

『黄昏て“爺放談”』のパロディ画像拝借



(なかなか風刺が効いていますね。)




誕生日は「忖度」の良さが発揮される場面です。
誕生日の人が計画立案することではないですよね。
よかれと思んばかってするのか誕生日のお祝いです。



今日はそんな「忖度」をフル活動させる日です。
(この私がお酒を呑まなかった年もあったんですよ。)




おめでとう!


b0275715_02290763.jpg

『The Premium Reservation』の画像拝借


○○歳のお誕生日!









********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***




by fukuchan-ckj | 2019-01-10 02:29 | ファミリー | Trackback | Comments(0)


楽しみな年2回の家族の集いです。
その日は子どもたちと孫たちの集まる日です。


新年会はこんな風に「内規」を定めています。

b0275715_23443659.jpg
誰もが束縛されず自由意思で集まれるようにとです。
こう決めておいても、社会のしがらみがそうはさせない場合も生じます。
それでも無理やり集まるというのは、
  どこかでひずみが生まれ自然消滅してしまう「内規」となるでしょう。
それでは意味がありません。


子やも孫に会うことは嬉しいことです。
時が経ちそれぞれの家庭に新しい命が増える頃、
  私はもういないかもしれません。
その時、それぞれの家庭でもこんな集まりが続いてほしいのです。
その願いが悠久に叶うことがこの老人の願いです。



貧民ながら、心だけは満ち足りていました。
会った時には顔を隠してしまった孫も、
  帰るときにはハイタッチをしてくれるようになりました。

b0275715_23445810.jpg
「やはり会う回数なんだな!」と、無沙汰を嘆いてもみました。


子どもたちはそれぞれに生きています。
四六時中、時間を持て余す老人とは違います。
だからこそ、たった年に2回でも大切な日なんです。


何のことはありません。
先ずは『大江戸温泉物語・君津の森』でランチバイキング…。

b0275715_23460206.jpg
卑しい私は、いつもの朝食をさらに軽くしました。



食堂出入口のこれが「オラフ」に見えてしまうのは
  最近テレビ放映のあった『アナ雪』の影響なのでしょうか。

b0275715_23462878.jpg
「オラフ」に送られて、『八釼神社』の初詣です。
b0275715_23465129.jpg
この神社の歴史的な重厚さを話してあげたかったが、
  あまり関心を持たぬようなのでやめることにしました。


竣工のなった『参集殿』にも入らせていただきましたが、
  床暖房が整備され建物も大きく立派な物でした。
関係者から贈られたコチョウランの名札にも目が行きました。
それより、そばに置いてあった菰樽に私の喉が反応していました。
(卑しいですね。)
帰って読もうと戴いて来た『神社新報』に、
  日本武尊と弟橘媛をあしらった屋根鬼板のことが書かれていました。

b0275715_23473572.jpg
『神社新報』の画像拝借

次の訪問には望遠レンズを持参し、必ず撮影してくるるもりです。



宮司・八釼隆氏の挨拶も載せられ、
  6面全てがこの記事で占められていました。
氏に尋ねたのですが、内部は撮影NGということで、
  貴重な紙面(保存版に匹敵)となりました。



いつものように、請西の我が家に集まり、大人たちはダべリングです。
孫たちははしゃいで、かくれんぼが始まりました。
飽きるとスマホです。
大画面のテレビに、さらに接近する子も…。

b0275715_23475890.jpg

ある孫は、にわか家庭教師と学習者です。
b0275715_23483247.jpg
やがて陽は落ち、
  そんな家族会(新年会)のメンバーも帰って行ってしまいました。
b0275715_23485640.jpg
残された老夫婦は、仕方なく夕食を軽く取りました。
耳鳴りでしょうか、孫たちの声が…。








********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2019-01-06 23:56 | ファミリー | Trackback | Comments(0)



昨日のこともあり、
  私の実家と妻の実家にお年始の挨拶に出かけました。
父母が逝ってしまってからは回数も少なくなりました。



思いでの父母の家がなくなっていました。

b0275715_21145755.jpg

半世紀も前に兄の好みで建てた切妻屋根の家です。
主に父母が暮らした思い出の家です。
昨年の暮れ、取り壊したというのです。
b0275715_21170670.jpg
私も10年くらいこの家に住みました。
b0275715_21175084.jpg
なぜか、父母の思い出まで消えていく物悲しさを隠せませんでした。
(時の流れに抗うことはできません。
  『仁王経』で説かれるまでもなく、「盛者必衰」は覚悟しています。)



妻に頼み、墓にも足を向けました。

b0275715_21184789.jpg
お線香も花も持って行かなかったけれど、素直に左右の手のひらは墓前に合掌しました。
b0275715_21191719.jpg
心の中は何も考えていませんでした。
「空」と言えば恰好はいいのですが、カラッポです。
少なくとも邪心はなく、願いも祈りもありません。
今思えば、「感謝」していることは事実です。



その後、妻の実家にも出かけました。

b0275715_21195337.jpg
隣の荒れ地は、家が建ち始めていました。
また、知らない人がやって来ます…。
義母たちと昼食を取り、帰って来ました。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2019-01-02 21:20 | ファミリー | Trackback | Comments(0)


いつものように「おめでとう」の会話から始まりました。
いつものようにお雑煮とおせちをいただきました。


お泊りをした孫娘はまだベッドの中です。
夜が遅かったのでしょう。
妻が2時くらいに見た時はまだリビングだったといいます。
想像するに、3時過ぎではかったのでしょか…。

b0275715_21255154.jpg
遅くに配達される年賀状も、すでにポストには届いていました。
庭に立ったまま、読みました。
名前を読んで、本文に目を通します。
何度かは見るのですが、最初はいつもそれです。

こちらが出し忘れたお方には、早速返事を書きます。
あとは、懐かしみつつ言葉をかみしめて読み直します。
たぶん、住所録を直したり、書き加えたりもするでしょう…。
ゆったりと時間が通り過ぎてゆきます。



昼近くにはなっていたでしょうか。
年寄りには、冬の寒さは骨髄にまで到達しそうです。

b0275715_21054223.jpg

YOUKIと遅い朝の散歩です。
太陽は光だけでなく、温もりもくれます。



いつものコース、私の「終の棲家」共同墓地に立ち寄りました。
元日に先祖に会いにやって来るのは私だけでなさそうです。

b0275715_21060137.jpg

いくつもの墓前に花が手向けてありました。
場所柄、菊の花が目立ちます。


お正月だからでしょうか。
先祖に手向ける花にも思いやりがこもります。

b0275715_21062315.jpg
センリョウやマツにも優しさを感じます。

中には「樒」もありました。
b0275715_21071762.jpg
当然のように、神道の墓前には「榊」もありました。
b0275715_21074776.jpg
その家の作法があるのでしょうか…。



小学生の頃、亡くなった母が漢字を教えてくれました。
  仏様にあげる木は「梻(しきみ)」なんだよ。
  神様にあげる木は「榊(さかき)」なんだよ。

(今は国字の「梻」より、「樒(しきみ)」が一般的ですね。)
墓前で母が教えてくれているような錯覚を覚えました。



義父の墓の前では帽子を脱ぎ、頭を下げました。
私の頭からは、たぶん御光が放たれていたでしょう。
徳を重ね生前成仏した「福ちゃん」ですもの…。
(帽子を取らなきゃわからないのに…。)
太陽は温もりと光だけでなく、私の恥部までさらけ出させます。



明日は実家に「お年始」です。
無性に墓参りがしたくなりました。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2019-01-01 21:17 | ファミリー | Trackback | Comments(0)


今日と明日のブログネタは、
  たぶん「大晦日」や「元日」にちなんだ内容だろうと思います。
そんな、ネタには事欠かぬ日です。


ブログサーフィンを楽しむ人にとって、
  どこを見ても月並みのネタのオンパレードです。
早々とサーフボードをしまって海を離れてしまいます。


私もそんなことしか思い浮かびません。



でも、孫娘が泊まりに来ました。
母(娘)が夜勤だということで、家にいるのは淋しいというのです。


私にとっては「大晦日」よりはその方が大切です。
漢字の問題を出してあげたり、トランプ遊びに興じたり…。


一度バアバの部屋に入ったのですが、
  テレビを見るんだとリビングに降りてきました。
孫娘は冬休みの最中です。
多少の夜更かしは大目に見ようと思います。


ブログも早々に、孫娘と遊ぶことにします。


b0275715_23080172.jpg


孫娘の作品「デコレーションスイーツパフェ」です。





よい新年をお迎えください。
私は孫娘と「おめでとう」を言い合おうと思います。











********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-12-31 23:10 | ファミリー | Trackback | Comments(0)


今年も

この画像が使えます。

b0275715_21370195.jpg


まだまだ

使い続けたいと思っています。


欲をかいていることは承知しています。


それでも

幸せは

悠久であってほしいのです。




これから

夜のシジマの中へと

ランデブーです。



シジマとは言いながら、

マイクを握って

呑んで騒いでいるとは思います。

不協音が静寂を破っていることでしょう。




どうか、

今夜だけは

そっとしておいてください。


b0275715_21383788.jpg


スマホにも

話しかけないでください。





思い切り楽しむつもりです!

060.gif






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-12-24 18:46 | ファミリー | Trackback | Comments(0)


辺りを見回します。
誰もいません。
もちろん、私ではありません。


今日は、
  今日だけは、威張って主張します。



犯人は…。




YOUKIが「おなら」をしたんです。



b0275715_14515280.jpg



冒頭の記録はフィクションです。
音をケゲンに思ったのではありません。
でも、見回すことはときどきあるんですよ。



私だって思わず肉管楽器が音を出すときもあるんです。
そんな時こそ誰かに聞かれてはいまいかと見回します。
恰好をつけずにお話すると、
  歩くたびに左右の足にリズムをつけるときもあるんです。
オーボエより低い音です。



たまたまYOUKIの出番が来ただけです。
犯人が自分だと思われはしまいかと言う、
  保身のための醜い行為なんです。



見回すのは主だけです。
YOUKIの奴は素知らぬ顔で里山散歩を続けています。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-11-15 18:58 | ファミリー | Trackback | Comments(0)



今日は
我が家のメモリアルデーです。


愛犬YOUKIの誕生日なんです。


b0275715_12305367.jpg


『パティスリーデコ』の画像拝借



何とまだ14歳の若さです。

とは言いつつ
彼の世界から言えば
晩期高齢者です。


b0275715_20511180.jpg


日に日に年老いてゆく私の化身です。



軽トラの座席に飛び乗っていたのですが
今では私の足下からです。


寝ていても近寄ると素早く起きたのですが
今では白河夜船を決め込んでいます。


b0275715_20513385.jpg


多くの癒しを
愛を
恵んでくれました。


平均寿命まで生きる計算をすれば
彼の方が先に逝きます。


看取ってあげられることだけが幸せです。


後少しだけ一緒に生きられます。






YOUKI !



お誕生日、


おめでとう。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-11-07 20:53 | ファミリー | Trackback | Comments(0)


吾輩は犬である。
名前はYOUKIと言う。
清見台の親娘二人暮らしの家に生まれた。
たくさんの兄弟や親に囲まれワンワン泣いていた事は記憶している。

b0275715_22594206.jpg

この里山の主の家に単独養子として入った。


主はとても良くしてくれた。

b0275715_23002029.jpg

不満など言うところはなく、申し分のない待遇だ。



朝夕には決まって里山に連れ出してくれる。
嬉しくて嬉しくて、ちょっとでも早く玄関に出て来てと願う。

b0275715_23004419.jpg

出てくると、がぜん元気になり、歳を忘れる。
吾輩もとうに高齢者だ。
それでもこんな時は歳甲斐もなくはしゃぐのだ。


リードをぐんぐん引っ張るときもある。
やはり高齢者の主は、やっとついて来る。

b0275715_23014929.jpg

当たり前だ。
吾輩は主の2倍の足がある。
おまけにピッチ走法だ。


ときどき、気まぐれなのかルートを変える。
「吾輩の行きたい方向はそっちじゃない。」
口をパクパクして抵抗するが、主はお構いなしだ。



主は日本人なのに英語を使う。
「Stay」「Wait」「Go」などと…。
吾輩もこの方がわかりやすい。
英語も得意な方だ。
「One」の発音は慣れたものである。
しかし、「2」は「One」「One」と2回言うようにしている。
残念ながら「Two」の発音が苦手なだけである。



最近、とみに耳が悪くなってきた。
主が近づいても気づかぬ時が多い。

b0275715_23032024.jpg

主よりも吾輩の方が先かもしれないが、
  ここに育てられたことに感謝はしている。


吾輩は死ぬ。
死んで太平を得る。
太平は死ななければ得られぬ。
南無阿弥陀仏なむあみだぶつ南無阿弥陀仏。
ありがたいありがたい。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-10-16 23:07 | ファミリー | Trackback | Comments(0)


家族が集まってのイベントが年に2回あります。
その一つが今日の「バーベキュー大会」です。

b0275715_21482035.jpg
ただ、肉や野菜を焼いて食べる催しですが、
  ジジとババには家族が集まってくれる楽しみがあります。
一族が末永く幸せであって欲しいと言う願いからです。



秋は希望で「流しそうめん」も実施しています。
焼きそばやお好み焼きもしましたが、
  「流しそうめん」は子どもたちに一番人気のある催しです。

b0275715_21484239.jpg
流すトヨを準備するのは大変ですが、孫の笑顔にはかえられません。


以前、竹を割って作ったのですが、
  こちらはもっと大変だし、長持ちもしません。
そこで今は雨どいを利用しています。


そんなことより、私には1歳になる孫が2人います。
その一人がみんなの視線を独り占めです。

b0275715_21490416.jpg
何しろ「流しそうめん」にデビューなんです。
覚束ない箸の先に気持ちを集中させ、
  そうめんをつかもうと必死です。
b0275715_21492810.jpg
その姿が愛らしく、話題を独り占めにします。



僕だって、できるのに…。

b0275715_21495462.jpg



誰でもができるようになる頃、
  彼たちにも子供ができるでしょう。
そんな時、また「流しそーめん」をやってあげて欲しいと思っています。


繰り返されることが「幸せ」だし、
  「平和」であることの証しです。





********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-10-07 21:50 | ファミリー | Trackback | Comments(0)