ブログトップ

福ちゃんの里山通信

fukuchanck.exblog.jp

木更津の里山から発信します。

2018年 10月 11日 ( 1 )


秋は、柿、ぶどう、栗と、私の味覚を楽しませてくれます。




柿の実がたわわに秋を奏でています。
その情景は「myガーデン」をまさに旬と謡いあげます。

b0275715_19005932.jpg

つい何日か前の台風に、しこたま叩き落されたのに、
  しっかりと秋にしがみついています。
b0275715_19012055.jpg
いくつか、戦いに負けてつい果てようとしています。
つい果てる運命を枯れ葉に抱かれて甘んじます。


蕾が落とされた数にも驚いたのに、
  彼らは「生きる」事をあきらめないのですね。
それを食べようと、虎視眈々と狙うのは人間の私です。
あいにくと我が家の柿は渋柿です。
何年か前に干し柿に挑戦し、見事に成功したことがあります。
それ以後、地球温暖化のせいか、かびてしまいます。


今年も小鳥の餌となり、命を終えるのでしょうか。

b0275715_19014380.jpg

そう思うと、余計に愛おしくなります。
b0275715_19020453.jpg
冬が来ないでほしいとさえ願います。



子ども頃を思い出しました。
その頃から知っている柿はほんのわずかです。



柿と言えば「富有柿」と「次郎柿」がありました。
食用としてはほとんどがこれだったように思います。

b0275715_19024487.jpg

『手前板前』の「富有柿」の画像拝借


b0275715_19030504.jpg

『手前板前』の「次郎柿」の画像拝借


食欲が出てきません?
秋の運動会もこれがご馳走でした。



「筆柿(珍宝柿)」は細くとがった柿で、お習字の筆に見立てたのでしょう。
隣の家の庭にはこれがありました。

b0275715_19032628.jpg

『みんなの趣味の園芸』の画像拝借


私たちは卑猥にも「チンポ柿」と呼んでいました。
食用としては好んでいなかったと思います。



「百目柿」もあったのですが、
  たぶんこれは名前を間違って覚えていたと思います。
だって、これは渋柿として数えられているんです。
私が知っている「百目柿」は一番甘い柿でした。
しかも、一番大きくゴマが沢山確認できました。
(ゴマとは柿の実に見られる黒い粒状の斑点です。)
ネットで調べると「甘百目」と言うのがありました。

b0275715_19034734.jpg

『みんなの趣味の園芸』の画像拝借


結論立てては言えませんが、これなのかもしれません。
ふるさとには1~2個しかならないこの木が1本だけありました。



今は渋柿が、たった1本です。

b0275715_19040938.jpg







********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-10-11 20:57 | myガーデン | Trackback | Comments(0)