ブログトップ

福ちゃんの里山通信

fukuchanck.exblog.jp

木更津の里山から発信します。

死刑執行人の菜園


暴君は、誰一人逆らえない絶対権力者です。
情け容赦のない冷たい存在です。
パワハラだとか暴力行為だとか、
  そう罵られようが全く頓着はしません。



『福chansふぁ~む』では枝豆の育成中です。
当地で有名な「小糸在来」です。
実においしく、種豆を保存し、今年ももうすぐです。
最初に種をいただいた時、
  「種まきは7月10日」と言われたのが解せないまま、
    忠実に守り切り成功しました。
(暴君も素直な所もあるんですよ。)


b0275715_10531163.jpg

結果、ジャストヒットだったんです。
だから、今年もそれを期待し、せっせと世話をしています。



ところが、食害の痕が葉に現れました。
よく見ると、葉脈を残して柔らかい部分だけ食い荒らす奴がいます。

b0275715_10533770.jpg

葉脈ごと、片端から食い荒らす奴もいます。
b0275715_10540944.jpg
種類の違う虫なのかもしれません。
b0275715_10544170.jpg
こいつはピンセットで掴み、足で踏みつけ退治していました。



この時期になると虫の数も減ります。
(秋特有の虫も現れますが…。)
ピンセットではすばしこいバッタの奴は飛んで逃げてしまいます。
追いかけて捕まえようとしますが、
  老人にはそのすばしこさには太刀打できません。
そこで考えたのが「ハサミ」の使用です。
見つけたらそっと近づきチョン切ります。

b0275715_10550337.jpg

オスとメスとが逢瀬を楽しんでいても、暴君は残酷です。
2匹を一度にと、むしろ好機を得たかのように近寄り処刑します。
b0275715_10552986.jpg
妻は残酷だと言います。
それでもこの暴君はギロチンを持ち出します。


農薬で殺すのは「セーフ」だと言うのでしょうか…。
足で踏んづけるのは「セーフ」だと言うのでしょうか…。
牛肉はうまいと食べながら、牛は殺してはいけないと言うのでしょうか…。


私だって殺生は残酷だとは思います。
詫びながら生きていくしか、しょうがないんです。


b0275715_10555104.jpg


地獄に落ちても、生きていくしか方法を知りません。



今年も「小糸在来」は順調に育っています。

b0275715_10563084.jpg

一ケ月後の我が家の食卓には、
  ギンギンに冷えたビヤグラスとこいつとが
    私と妻とに満悦するまどろみの一時を与えてくれる事でしょう。





********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-09-16 20:03 | 福chansふぁ~む | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fukuchanck.exblog.jp/tb/28658952
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。