ブログトップ

福ちゃんの里山通信

fukuchanck.exblog.jp

木更津の里山から発信します。

盤洲干潟・春の自然観察会


孫の運動会もあったのですが、
  どうしてもこちらに参加したくって…。

b0275715_01310213.jpg
(情報源は、いつもの地域情報誌『房総ファミリア新聞』です。)


巌根駅の集合でしたが、駐車場の知識もありません。
会場は盤洲干潟でしたが、そこまで歩く自信も砕けます。
主催者である『小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会』御簾納照雄氏の許可をいただき、
  干潟の入り口のフェンス前で待ちました。

b0275715_01312588.jpg

無事合流でき、観察会のスタートです。
b0275715_01314531.jpg
『盤洲干潟をまもる会』のサイトにも興味を魅かれましたので…。
     『そのサイト』は こちら



盤洲干潟は小櫃川の河口にある日本最大級の干潟で、
  三角州も形成し、人の手が加えられていない貴重な干潟です。
b0275715_01321267.jpg

しかし、県の土地でありながら、
  魚協などの反対もあり、保護されないで宙ぶらりんの存在になっています。
…と言う点だけは把握して観察会を体験していきたいと思います。



先ず私たちを迎えてくれたのは、
  ラジオ体操をしていたカニたちでした。

b0275715_01323684.jpg

ハサミを前に降り出しリズムをとるその姿は、
  縄張りの誇示だと説明されました。
個人的には、求愛のポーズではと思い込んでいます。
b0275715_01330099.jpg
それにしても、よくまあラジオ体操の伴奏に合わせられること…。
b0275715_01333903.jpg
何種類かカニの仲間も教えて下さったのですが、
  私なんぞには、どれもこれもただ「カニ」としか理解できません。
興味あったのは、足にも呼吸をする器官のある種類もあることでした。
b0275715_01340354.jpg
御簾納氏のルーペがはっきりと確認させてくれました。
b0275715_01344075.jpg
こいつは、敵対意識を抱いているらしく、
  ジッと私をにらんで威嚇してきます。


ウミニナのマーブルもとてもきれいでした。

b0275715_01351108.jpg
砂地には自分の過去が描かれています。



植物も様々な種類が群生していました。

b0275715_01353700.jpg

b0275715_01354738.jpg
「ヨシ」と「アシ」が同じものだと言う説明もありました。
b0275715_01361751.jpg
ヨシには竹のような空洞も節もありますが、
  周辺は導管でしょうか、ここも小さいながら空洞になっていました。
b0275715_01365204.jpg
葦簀などの製品が売られていますが、軽いわけですね。


植物名などが表示されてありましたが、
  カニ同様、植物の識別もつきません。

b0275715_01375685.jpg

テルハノイバラとノイバラの違いなんて、
  わかろうはずなんてありません。
b0275715_01390587.jpg
でも、「きれいだ!」という感性だけは持っていますよ。



前浜に出てみると…。

b0275715_01394052.jpg

美しい波紋に魅せられました。
この美しさはいつまで続くのでしょう…。
b0275715_01404880.jpg
詮なき望みを抱くのは、ただの感傷に過ぎないのでしょうか…。
b0275715_01412466.jpg
知りつつも祈らないではおれません。
放置された船のように、見向きもされなくなっても、
  それでも、微かでも、望みをつなごうとしている自分がいます。
b0275715_01414723.jpg
最近はとみにそんな思いを抱くようになりました。



案内してく出さった御簾納氏に感謝します。
また、盤洲干潟にやって来たいと思います。

b0275715_01421427.jpg

ハマエンドウやハママツナにも会いにやって来ます。





********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-05-27 02:00 | 木更津情報 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fukuchanck.exblog.jp/tb/28333970
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。