ブログトップ

福ちゃんの里山通信

fukuchanck.exblog.jp

木更津の里山から発信します。

鏡開き

樽酒に木づちを入れ、祝い合うなど、
  目にはするけれど未だ経験はありません。
ところが、なぜか樽酒の味は知っています。

b0275715_09240502.jpg

『歴史・由来・意味の雑学』の画像拝借


ご存知のように「開く=割る」は忌み言葉で、
  「鏡」は円満を、「開く」は末広がりを意味するようです。
日本人の好きな「語呂合わせ」ですね。

と言いつつ、我が家にも「鏡餅=お供え餅」を供えました。
安物ですのでビニルに保護されています。
こいつが餅とぴったりとくっついて、
  取り除くのに苦労させられた経験が蘇ります。
そこで、昨日からビニルを破り準備していたんです。
「ところがドッコイ」
(大竹しのぶのCMの台詞ようですね。)

b0275715_09282171.jpg
鏡餅は表面に花を咲かせています。
「華」と書いた方がいいかも知れません。



ちなみに、「鏡開き」は「いつ行うのか」を調べてみると面白いですよ。
新暦・旧暦がかかわっていたり、
  時の為政者によっても変化したとも言われます。
我が家では地元の風習に従い、
  正月飾りは松の内を7日までとし7日にかたずけ、
    鏡開きは通例となる今日行いました。



妻はお餅入りの粥を作ってくれました。

b0275715_19015251.jpg
お供えもお腹に入ると、福を取り入れた「福餅」となります。
福ちゃんがいただくと、おめでた尽くしです。


年男の私のもとに、
  幸せが飛び込む年になりそうです。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-01-11 19:07 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fukuchanck.exblog.jp/tb/27988983
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。