ブログトップ

福ちゃんの里山通信

fukuchanck.exblog.jp

木更津の里山から発信します。

体に残る傷跡

テレビから各地の成人式の様子が報道されます。
中には、昔のようにステージでやんちゃをする成人や
  晴れ着の予約を反故にする詐欺まがいの行為が入ってきました。
また、成人を18歳とする考えも飛び込みます。
先の選挙で選挙権の年齢が下げられたのは知っていましたが、
  論議し尽くさないで変わっていくことに懸念を感じます。


b0275715_23285855.jpg

『木更津・写楽館』の画像拝借


成人もずいぶん変わってきました。

耳にピアスの穴をあけるなんて…。
肌にタトーを刻み込むなんて…。
(酔いつぶれている間に無理やり臀部になど論外です。)

お祭りの化粧で
  顔や髪に色をつけるのも話は違います。

b0275715_23174427.jpg

『フォト蔵』の画像拝借


「身体髪膚、之を父母に受く。敢えて毀傷せざるは、孝の始めなり。」
(高校の頃、漢詩の時間に学んだように思います。)

そして、それ以来この考えは信念となったんです。



私の体には消えない傷跡があります。

右手には5cmくらいの傷跡があります。
子どもの頃の名残りです。
ポケットにはいつも肥後守がありました。

b0275715_23180374.jpg

『長尾駒製作所』の画像拝借


ほとんどの男の子が持っていました。
それを使って竹を削っていました。
刃がクルリと滑り、右手に食い込みました。
パックリと白い肉が見えました。
急いで左手で抑え、父の自転車に乗って病院です。
小学生の頃でした。



頭の傷も小学校のものだと思います…。
今ははげ上がって目立ちませんが、
  三日月状の傷跡は消えません。
竹の棒を空高くに投げて遊んでいました。
それが自分の頭に当たり、出血してしまいました。
ドジなお話ですね。



背中にも傷跡があります。
これも小学生の頃、夏休みでした。
地区の子供たちが集会場に集まって勉強をする習慣が常でした。
学校の決まりだったのでしょうか…。
時々は先生も廻ってきました。
飽きた私たちは相撲をとり始めました。

b0275715_23182745.jpg

『大井川葛布』の画像拝借


勝負は「浴びせ倒し」で、福の字の負け…。
倒れた傍には火鉢があり、それが背中に残っているんです。
(やんちゃだったんですね。)
村の集会でも使われ、中にはタバコの吸い殻もあったっけ…。



これらは自分の意思ではありません。
慎重に行動をすればわかることですから、
  自分の意思と言えないこともないですね。
でも、あえて不可抗力と自分を慰めます。
だって、信念が揺らぎますから…。



美容整形などもあるようですが、私は反対です。
それで得られる幸せって、本物でしょうか…?
(やむを得ない状況もあることは承知しています。)
例外を除いて、私の中ではタブーなんです。
(タトーではありませんよ。)
やはり「身体髪膚…」です。
(「根性焼き」なんて以ての外です。)



それでも若かったころは顔かたち・容姿で悩むんですね。
私も、「もう少し背が高かったら…」とか、
  「もっとパッチリとした目元だったら…」と思いめぐらしたこともありました。
今だって、鏡の中の頭を気にすることもあります。


せめて、新成人たちには親からもらった体は
  大切な宝だと思って大事にしてほしいのです。


揺れ動きながらも、
  「そこじゃないんだよな!」と
    老いていく私を悲しませています。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2018-01-08 23:41 | その他 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fukuchanck.exblog.jp/tb/27980425
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。