ブログトップ

福ちゃんの里山通信

fukuchanck.exblog.jp

木更津の里山から発信します。

Plan Do See

「1年の計は元旦にあり」
誰もが知っているこの言葉は、
  薄学の私も使っていました。
毛利元就が元になっているとも言われています。
と、大げさに言うまでもない言葉ですよね。

元旦どころか、今日は正月3日にもなりました。
「計」などとんでもありません。
昨年の総括もしておりません。

b0275715_22161996.jpg

『筑西市立小学校4年・えがお』の画像拝借


「Plan Do See」と言う言葉も使ってきました。
「計画・実行・反省」ですよね。
「See=反省」がなければ「Plan=計画」なんてありえません。

呪文や合言葉のように身に沁みついています。

「守・破・離」もよく耳にし利用する言葉でしたが、
  「Plan Do See」は何かにつけても出てくるんです。
大げさに言えば「座右の銘」と言ってもいいかも知れません。


昨年にシリーズ化し発信した、
  松下幸之助氏の『革新の心得10カ条』にも重なります。
          『革新の心得十カ条③』は こちら
小さなことでも、そうして生活しようと心がけているのですが…。



「福chansふぁ~む」の野菜作りでも、
  「ここに何を植えようか」と考え続けます。

b0275715_22211422.jpg
何月にその作物は収穫されるか、などは大きな要因です。
土を耕し、土壌酸度を調べたり、肥料を加減したり…。
時には、支柱やマルチやトンネルも必要となります。
追肥や土寄せ、乾きすぎたら散水もします。
害虫対策・駆除は私を悩ませる作業です。
苦労の後の収穫の喜びは格別です。
出来・不出来の原因究明は、次の年の大事な資料です。
連作を避けたり、時期を微調整もします。
たかが野菜作りですが、
  ここにも「Plan Do See」は繰り返されます。

だからこそ、違った明日が望めるんだと確信するんです。
(同じことの繰り返しは平和な証拠ですが、
  ちょぴッとだけ前に進みたいんです。)



常に前に向かっていきたいと思っていますが、
  畑の刹那的な「計」ではなく、人生の流れを考えるようになりました。
だから私の計は今年だけでなく来年も同じになるでしょう。
  「孫たちに幸せを託す子に育てること。」
  「子のその営みを見届けること。」

それが私の「計」のような気がします。
「See=反省」で何かが見つかれば、私の努力不足です。
次の「Plan=計画」は同じでしょうが、「Do=実行」がさらに続えられるはずです。


b0275715_22214197.jpg


ずっと繰り返されることが、
  「計」であるのかもしれません







************************************ See you again ! *****************


by fukuchan-ckj | 2018-01-03 22:50 | ファミリー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fukuchanck.exblog.jp/tb/27932207
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。