ブログトップ

福ちゃんの里山通信

fukuchanck.exblog.jp

木更津の里山から発信します。

輝け大鵬のDNA

角界からは新番付表が発表されました。
連日テレビを騒がせているので関係力士の行方に興味津々です。
横綱・日馬富士は責任を取って引退しましたので、
  番付表からは姿を消していました。
(実は朝青龍の引退劇で、取組みは幻に終わった番付表も持っているんですよ。)

b0275715_22312508.jpg
渦中の貴乃岩は十両に降格されていました。

理事としての貴乃花の責任を問う声もあり、
  「なら理事長の責任は?」と興味をもって傍観しています。



そんなことより、こちらの方が興味・大なんです。

「巨人・大鵬・卵焼き」と言う言葉はご存知ですよね。

b0275715_22320553.jpg
特に私たちの年齢層には、よく聞いて耳になじんだ言葉です。
当時、人気だったものがこれで、
  私も嫌いではなかったような気がします。

それでは「江川・ピーマン・北の湖」はどうでしょう?
逆に「嫌われもの」の代名詞のように使われました。
しかし、江川問題は「なぜ好きな球団に入れないんだろう?」と思ったくらいで、
  正力オーナーの「たかが選手」発言の方が嫌でした。
「正力・ピーマン・北の湖」なら大賛成です。



こんなことを書きたいじゃないんです。
「大鵬の孫が角界に弟子入り」の報道を書こうと思ったんです。


大鵬と言うと、「柏鵬時代」と言う言葉が記憶にも確かです。

b0275715_22323598.jpg

『毎日新聞社』の画像拝借・影の柏鵬戦


優勝回数32回の金字塔を打ち立てた大横綱です。
そればかりか、その娘婿の貴闘力も有名です。
b0275715_22445524.jpg

『時事通信』の画像拝借


引退後、プロレスに転向しても活躍しました。
写真の、ハサミを持つのが大鵬、
  右端が長男・幸男君、後に初代タイガーマスクに弟子入りしました。
他にも3人の男の兄弟がおり、いずれも角界を目指していると言います。


今回注目されているのが3男の納屋幸之介君です。
大鵬の孫・貴闘力の子供です。
角界のサラブレッドです。

大鵬だけで十分な話題性を感じるのですが、
  この風貌を見たら将来を期待しないわけにはいきません。

b0275715_22472209.jpg

『Sportiva』の画像拝借



190センチ、160キロの巨漢、
  この体格はすでに風格すら感じさせませんか?。
1月場所でデビューのようですが、
  星の行方が門外漢の興味を膨らませます。
日馬富士・貴乃岩など、角界を暗くする中、
  明るい何かを感じます。

しこ名は当分の間本名の「納谷」で行くようです。
(大鵬もそうでした。)
十両・幕内にと昇って行ったとき、
  どんな花が開くのでしょうか…。
(くれぐれもギャンブルだけは封印して欲しいですね。)


b0275715_22483359.jpg

『山陰中央新報社』の画像拝借



十両まで登ったことのある、
  木更津は巌根の『藪そば』の息子・千代嵐も関心事です。
今は幕下16枚目ですが、また関取になって欲しいと思っています。


この調子だと、相撲フアンに返り咲くような気がします。







********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


by fukuchan-ckj | 2017-12-26 23:11 | その他 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fukuchanck.exblog.jp/tb/27899971
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。