ブログトップ

福ちゃんの里山通信

fukuchanck.exblog.jp

木更津の里山から発信します。

革新の心得十カ条⑩


『革新の心得十カ条』 最終回です。


   第十条 最善の上にも最善がある
     昨日の最善は今日の最善ではない。
     現状にあぐらをかかず、 日に新たなものの見方、取り組みを心がけたい。



b0275715_23303844.jpg

NHKの番組で葛飾北斎に、
  「天があと5年命をくれたのなら、本当の絵師になれたのに…。」と言わしめたことはのは、
    『富岳三十六景・神奈川沖浪裏』を描いた晩年の世界の巨匠・葛飾北斎にふさわしい言葉でした。
でも、より高目を見つめる、
  特に芸術家などには、当たり前のあるべき姿だと同感します。


かじり始めて見えたものと、
  しばらくやってから見えたものでは当然と言うほど違って見えます。
それを踏まえれば、松下氏には諸手を挙げて大賛成です。



「日進月歩」と言う四字熟語もあります。
前回の東京オリンピックで「ウルトラC」と言う言葉がはやりました。
もう一度見られそうな東京でのオリンピックでは
  「F」とか「G」とか、難度は限りなく高まっています。
小野氏や遠藤氏が見たら、夢物語です。
でも、それをやってのけたのは、まぎれもなく人間…。
「あぐら」をかいている人には見えない世界です。
時代の流れに飲み込まれ、悲しくも淘汰されていく人々です。
(そのうちきっと「ウルトラG」なんてのも産まれるはずです。)



もうすぐ人生は終わるのですが、
  この気持ちだけは持ち続けて生きようと思いました。




          『革新の心得十カ条①』は こちら
          『革新の心得十カ条②』は こちら
          『革新の心得十カ条③』は こちら
          『革新の心得十カ条④』は こちら
          『革新の心得十カ条⑤』は こちら
          『革新の心得十カ条⑥』は こちら
          『革新の心得十カ条⑦』は こちら
          『革新の心得十カ条⑧』は こちら
          『革新の心得十カ条⑨』は こちら




****************************************** Continue *************** 🐕 ***






La Fin

さて、
  10回シリーズで松下幸之助氏の言葉を取り上げてきましたが、
    いかがご感想を持たれたでしょうか…。
学ぶべきは、
  学ぶべき人が偉大だからではないような気がします。
学ぶ人が、
  それを取り込めるかではないでしょうか。
珠玉の言葉は、
  取り込んで生かした時だけ輝きを増します。

そう思います。


(今回でこのシリーズは閉じることにします。)





********************************* See you again ! ***************** 🐕***


by fukuchan-ckj | 2017-12-24 12:02 | その他 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fukuchanck.exblog.jp/tb/27885895
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。