ブログトップ

福ちゃんの里山通信

fukuchanck.exblog.jp

木更津の里山から発信します。

革新の心得十カ条②

私たちは何度も危ないめに合います。
それを避けるように努力もします。

しかし避けきれない災難にも見舞われます。
くじけて、ぼろぼろになります。

私もそんな機会が何度となくありました。

b0275715_1433846.jpg


第二条 危機を認識する
  危機がないのではない。
  危機を発見する努力を怠っているのだ。
  どのような組織にも危機は必ず忍び寄っている。


順風満帆の人生なんてあり得ませんよね。


クレーム処理をする部署を持った会社が多いと言います。
その部署ではクレームこそアイデアの宝庫だと言います。
改良された、新発想の商品が生まれるんです。
すごく前向きな考えだと感心します。


このように物事を見つめるとしたら、
  危機なんてないかも知れませんね。


腐りきってやけ酒を呷るより、
  次に向かっての生き生きとした行動がそこにはあります。
事象をどうとらえるかが、人生を左右すると同感です。


残念ながら見せかけだけのポーズをとり、
  さも客を大事にしているかにうそぶく会社もあります。
意見を感謝したふりをして、これっぽちも取り入れてはいないんです。
電話を切った後、「チェッ!」っと舌打ちしているのが見えそうです。
(話にもならない、論外の会社ですね。)


潜在する危機を事前に発見できれば、
  少なくともリスクは軽減されるはず…。
私も見つめなおしてみようと思います。


          『革新の心得十カ条①』は こちら




****************************************** Continue ******************

by fukuchan-ckj | 2017-10-31 11:26 | その他 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fukuchanck.exblog.jp/tb/27473654
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。