ブログトップ

福ちゃんの里山通信

fukuchanck.exblog.jp

木更津の里山から発信します。

飛べ遠くへ…、ペットボトルロケットにチャレンジ

情報に過敏になってレーダーを張り巡らしていたとき、
  桜井公民館でこんなイベントの企画を知りました。
b0275715_1462194.jpg
早速、公民館に許可をいただき、ブログ取材です。
(怠け者は一日遅れの報告です。)


木更津高専のは何度かお世話になっていますが、
  今回もビッグな指導者に恵まれました。
b0275715_1465521.jpg
講師は名誉教授の高橋邦夫氏、准教授の嘉数祐子氏です。
多数の補助者も控え、スタッフもガッチリとスクラムを組んでいました。

そればかりか、準備した材料や工具もきめ細かです。
b0275715_147470.jpg
すでにグランドには5台の発射台も用意されていました。
b0275715_1471580.jpg
これだけでも労苦の想像ができますが、
  プリントやパワポでの説明と、至れり尽くせりでした。
さすが高専、回数もこなしておられるのだろうと、
  ひたすら平伏するばかりの状況でした。


肝心の企画の中身ですが、
  作り方についてはネットに多く紹介されていますので省きます。
「だったら、報告の意味がないのでは…?」と叱られますよね。
参加者の真剣な表情をご覧になれば、
  この疑問には納得いただけるのでは…。
b0275715_1473113.jpg
あまりアップしては失礼ですので、
  真剣な手元をご覧ください。
b0275715_148940.jpg
b0275715_1483245.jpg
b0275715_1484363.jpg

子ども自身が工作する親子、一緒に作業する親子、
  もっぱら親が作る組、様々でした。
子どもの学年にもよるのでしょうか。
見方を変えると、すぐ手を出してしまう親、
  やってしまう親もありそうな気がしました。
補助者にも同じことが言えそうな気がします。

そんな中で、じっと見つめているお母さんもいました。
b0275715_149375.jpg
進みは遅いのかもしれませんが、
  この子は確実の成長していくような気がしました。

「ジイジ…!」と声が響きました。
私が呼ばれているのではありません。
b0275715_149157.jpg
おじいちゃんと参加している組がありました。
子ども素直さより、
  そんな経験をさせてあげたいというおじいちゃんに[イイネ]です。


そんなことより、子供たちは
  「飛ばしたい!」と気ははやります。
b0275715_1493179.jpg
後片付けもそぞろにグランドに向かいます。


グランドに飛び出した子どもは、
  ピッカピカの出来立てロケットにエネルギーを充填します。
b0275715_1494347.jpg


発射台に据え付けます。
b0275715_1495832.jpg
(角度は45度、アメリカまで届けと言うのでしょうか。
  失礼、時事ネタは公民館事業にはあまりにも不謹慎でした。)


ロケット内の気圧を高めていきます。
b0275715_150973.jpg
ペットボトルに空気を入れていくのですが、
  この圧力によって水が吹き出されて大空高く飛ぶことになります。


待ちに待ったイベント最大の瞬間です。
5・4・3…
b0275715_1502136.jpg
  カウントダウンされロケットは発射です。
b0275715_1503182.jpg
この瞬間はワクワクする思いでしょう。
デジカメを持つ私も、心が弾んでいました。
b0275715_1504771.jpg
b0275715_151015.jpg
既定の回数をはるかに超え、
  何度もチャレンジしている姿もありました
b0275715_1511174.jpg


館長も、コニクイ演出をされていました。
b0275715_151424.jpg
いい思い出になるに違いありません。


若干の意見をさしはさむなら、
  大人が子供にどう接するかではないでしょうか。
「子にさせる主義」の私は、
  大人がやりすぎの感がぬぐえませんでした。
持ち帰っての発展をどうとらえるかにも疑問を感じます。
何故なら発射台が家にはないからです。
b0275715_152645.jpg
購入させるのなら、プラス¥3000は必要でしょう。
(YFOキャッチャーやゲームにお金をかけるよりはいいですが…。)
発射台も自作させたいと感じる私は、
  対象者をもっと高学年に抑えたほうが…と思いました。
もちろん、発達段階によっても違います。
(単なる個人の主観でした。)

b0275715_154557.jpg


子どもたちは満足して帰っていきました。
それにしても、高専(教授)のきめ細かな準備と指導には、
  いつもながら感謝しております。
日常はもっと高いレベルの学習をさせているはずなのに、
  「地域との融和」「社会貢献」なのでしょうか。
ありがとうございました。

また、覗かせてくださった公民館にも感謝します。




************************************ See you again ! *****************

by fukuchan-ckj | 2017-07-09 23:54 | 木更津情報 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fukuchanck.exblog.jp/tb/26979050
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。