ブログトップ

福ちゃんの里山通信

fukuchanck.exblog.jp

木更津の里山から発信します。

そば猪口を試したくて

手捻りで作陶の入門をし始めて1年、
  紐作りも玉作りも手捻りとすると、
    これは玉作り(手捻り)によるそば猪口と言うことになります。
(蛇の目高台はまだチャレンジしていません。)

b0275715_22335224.jpg

釉薬は緑伊羅保を使ってみました。
全体を薄く、小口に厚く釉がけしてみました。
先輩のアドバイスで「釉薬が流れ安い」と聞いていました。

心配は棚板にくっついてしまわないかというと言う点でした。
「センベイ」を敷いてほしいと頼みました。
くっついても仲間に迷惑がかからないと思ったからです。
「トチ」を使って焼いてくれました。
棚板に流れ落ちないかと心配でした。

心配はよそに、面白い流れになりました、
  一か所だけ水玉のように膨らんでしまいました。
b0275715_22341094.jpg
「トチ」のおかげです。
胸をなでおろしました。
しかし、そば猪口としてはそれが災いとなります。
底が平らでないため、すわりが悪いんです。
b0275715_22343159.jpg
初めて作ったそば猪口ですので、
  実際に使ってみたいと思います。
それにはこの突起物を削り落とさねば…。

手打ちで仕上げたそばを、自作のそば猪口で喰らう…。
それがよくって作陶をしています。

出来れば、これも自作の、箸置き付き小皿に、
  「福chansふぁ~む」のソラマメをのせ、
    ぐい吞みでにごり酒を呑む…。
b0275715_22345934.jpg
たまらんね…。
(手前の小皿は失敗の作、箸置きの部分が取れてしまったんです。)


どんなに下手でも、不出来な野菜でも、
  至福の時間だろうと今から楽しみです。



【付録】
ベテラン諸氏にはこちらの方が好評でした。
b0275715_22352183.jpg
デジカメも初心者で、色の表現がイマイチです。




************************************ See you again ! *****************

by fukuchan-ckj | 2017-05-12 22:24 | 作陶三昧 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fukuchanck.exblog.jp/tb/26852257
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。