ブログトップ

福ちゃんの里山通信

fukuchanck.exblog.jp

木更津の里山から発信します。


10人目の孫が生まれました。
年長は二十歳、彼女は生まれて4日目です。
そんな病院に妻と出かけました。

b0275715_02363930.jpg
他のことは考えず誕生・出産を祝うことにします。


一族が増えていくことは嬉しいものですね。
今までなかった命が、この世に顔を出します。

b0275715_02370148.jpg
時間にズレはあるものの、
  このジイジと同じ空気を吸って生きます。
まだ人格は持っていないのですが、
  そのうち自我に目覚め、結婚し子どもを作り、孫もできるのですね。


残念ながらその成長は見続けることができません。

b0275715_02372512.jpg
見ることはできなくても、
  子や孫の幸せを願う親になって欲しいと思っています。
託すことしかできませんが、同じように託す人間になって欲しいんです。
そうなってくれると信じています。


ジジとババの願いは、きっと届いてくれると信じています。

b0275715_02375409.jpg
この限りなく小さな手と足で、
  しっかり地球を蹴って歩いてくれるでしょう。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


# by fukuchan-ckj | 2018-09-23 02:38 | ファミリー | Trackback | Comments(0)


思い思いに作陶する、
  陶芸サークル『かきべら』の定例活動日でした。
これをすべきとか、これをしてはいけないと言う
  堅苦しい縛りは全くありません。


b0275715_18273739.jpg


自由奔放に描く自分の作品への思いが、その日の活動です。


b0275715_18280142.jpg


「ぐい吞み」を作っている仲間がいました。
私も作りましたが、大きさが違うような気がします。
酒に卑しいのでしょうか、私のは大きい器です。
約5勺ほど入ります。
(今はメートル法ですね、90mlです。)


もう一人、女性も作っていました。
しかも、いくつも作っています。


b0275715_18282712.jpg


呑兵衛なのでしょうか…。
(1度に2つは使えないよな、
  旦那と晩酌するにしたって2つあれば十分…。)


聞いてみると、「同級生達のために…」と言うことでした。
こんな「ぐい吞み」でクラスメートが酌み交わせる幸せは
  酒の旨さも倍増するのではないでしょうか。


作陶することの冥利に尽きるような気がしました。


b0275715_18285858.jpg



自分もその仲間に入りたいなぁ~。
(そうだ、私は同窓生ではありませんでした。)






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


# by fukuchan-ckj | 2018-09-21 20:17 | 作陶三昧 | Trackback | Comments(0)

私の「終の棲家」はもう9年も空き家のままです。

b0275715_17014869.jpg
あと10年はそうであってほしいと願っています。
周りからも一人、二人と欠けながらも、
  父母の命を全うするんだと「あと20年!」と欲を描いています。



YOUKIとの里山散歩は偶然にも
  こんな風景に出会わせてくれました。

b0275715_17022103.jpg
(9年前の「終の棲家」もこんな風に工事が進んだのでしょう。)


許可をいただき作業風景のご報告です。


作業は独りでした。

b0275715_16472131.jpg

大変さに同情すると、今や重機の存在がありました。
b0275715_16474438.jpg
ブームを広く伸ばしたクレーンや、キャタピラのついた台車で移動します。
重い石は人力だけでは大変な苦労です。
b0275715_16480510.jpg
霊園への機材の運搬はもちろんブーム付きのトラックでした。


そんな手助けを借りて、ほぼ完成をみました。

b0275715_16483897.jpg

でも、珍しいデザインです。
洋風でも、ずいぶん丸みを帯びています。
施主の好みなのでしょうか…。



お話をするうちに親しくなり、プライベートな関係を知り驚きました。
今回は割愛させていただきますが、
会話の中で、
  今まで間違ってとらえていたこと、無知だったことを知らされました。


一つは、塔婆の問題です。

b0275715_16491694.jpg

無宗教かと思っていた区切れのない塔婆はそうではなかったのです。
    『信仰は先祖への愛』は こちら
石材店主いわく、「神道の塔婆」だと言います。
板の先がとがっているからと言います。
(知らないと言うことは恐ろしいことですね。)


もう一つは家紋の問題です。
9年前の「終の棲家」を新築するとき、わざわざ仕様に加えたのが、
  墓石に埋め込むことでした。
貼り付ける方法は、取って付けたようで嫌だったからです。

b0275715_16494418.jpg
それにしても、これは人様々です。
彫り込んだり、埋め込んだり…。


その道の修行をするとき、
  途中まで埋め込み少し出すように指導されたと言います。

b0275715_16503122.jpg
これはそのサンプルになりますね。


私は外観を重視し、埋め込むように依頼したんです。

b0275715_16505112.jpg
個人の好みで、問題はなさそうです。


こんなものもありました。

b0275715_16511839.jpg

家紋ではなさそうです。
石材店主は、「家印」のようなものと解釈していました。


我が家にも家紋とは別に家印がありました。
重い家印入りの番傘を、やっと持って雪道を歩いたことを思い出します。


家紋はそれぞれの家庭のルーツなので、
  大切なマークだと思っています。
それにしても「餅は餅屋」ですね。



そのうち、父母や実姉・義兄にも会える日が来るのですね。






********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


# by fukuchan-ckj | 2018-09-20 19:01 | 里山情報 | Trackback | Comments(0)



喜びと悲しみが同時に襲い来る時、
  何に反応すればよいのでしょう…。



10人目の孫が生まれました。
女の子です、飛んで行って「おめでとう」って言いたいのですが…。
新しい命が生まれたことは、
  ルーツが引き継がれて行くことは、
    諸手を挙げて喜ぶべきことです…。



義兄(長女の夫)の訃報が舞い込みました。
小学生の頃、とてもよくしてくれた義兄です。
泊まりに行くと、遊園地に遊びにも連れて行ってくれました。
囲碁も教えてくれました。
90をとうに過ぎ、逝ったのですから
  むしろ幸せと言うべきなのでしょうか…?



いっぺんに来た動揺が処理できません。
心がついていってくれません。


悶々として
  不協和音を出すことしかできません。







********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


# by fukuchan-ckj | 2018-09-19 23:43 | ファミリー | Trackback | Comments(2)


富士山が大好きです。
今の我が家からは山に隠れて見えませんが、
  TOUKIとの散歩道からはその雄姿を臨めます。

b0275715_20461343.jpg

天候によって姿を隠す日も多いのですが、
  期待しながらその地から拝みます。
(遠くから見るからなのでしょうか…。)


世界遺産だと言いますが、
  むしろ世界に恥部をさらけ出しているような気がしおてなりません。
「世界自然遺産」として申請したのですが、
  かろうじて認定になったのは「世界文化遺産」としてだと言います。


あちこちに散らばる「ゴミ」が「自然遺産」にならなかった理由のようです。
過去の私は自然遺産の認定を阻害する存在でした。
今、その罪を償おうとシフトを変えています。



過去には里山の恥部を話題にした記事がアップしてあります。
    2013-01-06『こんな所にも 』は こちら
    2013-03-04『さび付いたキャタピラ』は こちら
    2013-06-03『本当の美しさを求めて』は こちら
    2013-06-20『……!』は こちら
    2013-07-25『バケツの底に』は こちら
    2015-04-08『繰り返し続けるアクション』は こちら
(まだあるのかもしれませんが、気づいたものだけ…。)



私が今日見たのは、何度となくタイヤに踏みつけられた空き缶です。

b0275715_20464585.jpg

拾われることなく、道路にへばりついていました。
棄てる人も、踏みつける人も、取り除かない人も、
  みんな同じように思います。


「世界自然遺産」を阻んだ人々ではないでしょうか。
「罪を償う」と言いながら、自分もその一人であることに気づきます。





********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


# by fukuchan-ckj | 2018-09-18 20:49 | 里山情報 | Trackback | Comments(0)