ブログトップ

福ちゃんの里山通信

fukuchanck.exblog.jp

木更津の里山から発信します。



b0275715_20402825.jpg






********************************* Continue *********************** 🐕 ***




More 蛇足  
# by fukuchan-ckj | 2017-11-24 22:51 | ファミリー | Trackback | Comments(0)

松本清張の作品は、緻密な調査・検証が繰り返され、
  読者を深みに誘い込んでしまう作品が多いように思います。
そんなバックで働く人々を抱えていたとも聞きます。

b0275715_00335804.jpg
このドラマ『疑惑』もまた、随所に彼らしいサスペンスを感じました。
考えに考えこまれ、推理を楽しませる作品でした。
ミステリー感はたまりません。



医療ものだったり、家政婦目線だったり、鑑識官だったり、
  やたら刑事の領域に入り込むドラマが流行っているような気がします。
それは娯楽映画(ドラマ)の商法なのかも知れません。



海に落ちた車から脱出した女性が、加害者と疑われ、
  弁護士・常盤貴子がそれを解きほぐしてゆくストーリーでした。
彼女はボクトツであり、真正面からぶつかる弁護士です。


b0275715_00341002.jpg

100%犯人だと疑わない設定で始まり、
  じわじわと解き明かしていく過程は、弁護士の仕事ではありませんね。
刑事か探偵がする捜索行為です。

b0275715_00352134.jpg
疑い出すと納得しない性分は、事件の方向を2転3転と変えていきます。



あまり語ると著作権を侵害しそうな気がします。
ご自分の目で評価されるといいいでしょう。



最後だけちょっと…。

無罪で裁判は勝訴しましたが、
  最後のシーンが私をほっとさせました。
海に投げ入れられた花束です。

b0275715_00353256.jpg
そこには、赤いスカーフで指輪がくくりつけられてあったんです。
b0275715_00364402.jpg
この女性の、優しさ・海中に沈んんだ夫への愛を感じました。
b0275715_00372002.jpg
演技よりも、小道具が生きる描き方もあるんですね。


b0275715_00375895.jpg


b0275715_00383398.jpg





************************************ See you again ! ************** 🐕 ***


# by fukuchan-ckj | 2017-11-23 13:47 | その他 | Trackback | Comments(0)

老人福祉センターでの『陶芸教室』は今日が最終回です。
受講生と気持ちは同じで、
  「どんな仕上がりだろう?」とワクワクしながら出かけました。
何をするのでもありません。

b0275715_23181020.jpg
完成作品を見ながら評価しあう、
  いわば反省会のような会です。
置かれた茶菓子をいただきながら感想を言い合います。


もちろん、メーンはお菓子ではありません。
本焼きを済ませ、窯から取り出したばかりの自分の作品です。

b0275715_23183436.jpg
誰の作品より好きなはずです。
「思い」は少しズレていても、
  大好きな作品のはずです。
b0275715_23185767.jpg
他の方から少しでも認めていただくと、
  ズレなんかは忘れてしまい本心から嬉しいはずです。



「ものづくり」は大好きです。
自分なりの「思い」を作品が語りかけてくれるからです。
上手・下手で評価するなら、
  私だって陶芸サークルに籍を置いちゃおれません。

「〇〇市長賞」などと、菊花展では金色の大きな紙が貼られています。
さすがに素晴らしいとは思いますが、
  紙など貼られてない作品にも迫るものを感じる時があります。
貼られてない作品はダメ作品でしょうか…。
だから私は、等級を決めるような作品展は好きではありません。

実は私も『陶芸教室』のおかげで今があります。



机上にはそれぞれ個性のある作品が並びました。

b0275715_23192520.jpg
出来上がった姿より、使われるその姿を想像します。
ここにはどんな花が植えられるんでしょう…。


b0275715_23200057.jpg
木の葉を模したこの作品は、
  釉薬を散らして描いた「思い」が出てくれたのでしょうか…。
食卓に並ぶお皿にはきっとおいしいお惣菜が…。


b0275715_23302715.jpg
「ぐい呑み」ばかりを並べている方もありました。
なんだか趣味が私と似ています。
違いは、私のはもっと大きいんです。
(だた、卑しいだけ…?)
「帰って呑むのが楽しみ…。」とおっしゃっていました。
(私も参加したいなぁ…。)


b0275715_23203096.jpg
四角い皿の模様を「いらなかった」と評する人もいました。
「味があっていい」と評する人もいました。
きっと、その味を描いて作られたんだろうと思います。
その点では「大成功」だと思います。



私がワクワクしたのには、もう一つ理由があります。
あの作品が「どう化けてくれたか」なんです。
          前回のブログ『陶芸教室を覗き見る 』は こちら

b0275715_23215031.jpg
b0275715_23231142.jpg
果たして、ここにそれを観させてもらいました。
どっしりとした質感は見事に出ていました。
本人は「もう少し下部まで釉薬をかけたかった」と反省していました。
こんな時、人前で自分の作品を褒める人なんていやしません。
「謙遜」ととらえさせていただきました。

皿は思ったほど花びらは出ていませんが、
  それがまた隠れた絵のようで味を感じました。
釉薬が溶け合い、まじりあったのでしょう。
「思い」はズレたかも知れませんが、
  花びらははっきりと確認することができます。



邪道かもしれないけれど、
  陶芸は、「ものづくり」はそこが面白いのではないかと思うんです。

b0275715_23235270.jpg

「他山の石」も大事ですが、
  自分が存在しない創作なんて百円均一店に並べればいいんです。
(決して「他山」=「粗悪」と言う意味ではありませんよ。)
先ず自分が満足しなくちゃ、誰が褒めるんですか。
(これだから上達しないのかも…。)



また、来年も計画するようです。
春・秋と2回になるかもしれませんが、
  ぜひとも官報を見てご参加ください。


b0275715_23243195.jpg




********************************* See you again ! ***************** 🐕***


# by fukuchan-ckj | 2017-11-22 23:55 | 作陶三昧 | Trackback | Comments(0)


第四条 困難は革新の端緒
  うまくいっているときはなかなか革新できない。
  困難であればこそ、
  気持ちも引き締まれば知恵も出て、
  果敢な挑戦も可能となる。


b0275715_07345801.jpg


うまくいっている時って、
  有頂天になったり天狗になったりしてしまいますよね。
ほおっておいたっていい結果はついてきます。
個人的には、そんな時こそ気持ちを引き締めるべきと思います。
『徒然草』の段『高名の木登り』の教訓です。


困難な時だって、
  くさってばかりいたのでは前に進みまんよね。
でも、意外に愚痴をこぼし、自分の傷をなめまわして過ごしていました。
もちろん、前に進んじゃいません。

そんな時こそ、何かを言ってくれる友も欲しいですね。


もう言ってくれる父母はいません。


          『革新の心得十カ条①』は こちら
          『革新の心得十カ条②』は こちら
          『革新の心得十カ条③』は こちら




****************************************** Continue *************** 🐕 ***

# by fukuchan-ckj | 2017-11-21 15:41 | その他 | Trackback | Comments(0)
午前中は「特定健康診査の結果説明」を聞くために、
  午後は「肋骨骨折の経過相談」のために、
    自ら通院のスケジュールを組んだ1日です。


午前・午後と続けての通院のため、
  お昼の時間に集中してみようとしたのですが、それが失敗でした。


11時ごろに受付を通過しようとしたら、
  すでに終了、11時までだと言われました。
1分くらいオーバーしていたのでしょうか。

受付係が「先生に聞いてみる」としばし待たされました。
ラッキーなことにOKしてくれました。
結果はほとんどが正常でした。
若干メタボのきらいが…。

b0275715_21381755.jpg
いつも言われることです。
(決して肥満ではありませんよ。)


糖尿の数値が少しだけ高いとも言われました。
ヘモグロビンA1cが5.7%…。
平常値は5.5%以下だと言います。

b0275715_21384979.jpg
何のことだかはよくわかりませんが、
  なるほど少しばかり数値は高く出たようです。

他はいたって健康で、正常と判定してもよさそうです。

前立腺ガンの心配が血液検査の数値に出たことがあると言うと、
  今回の特定健康診査ではその項目は出してないと言われました。

とにかく、まずは安心して病院を去りました。
ぎりぎり滑り込んでの結果説明は、
  功を奏し30分程度で済んでしまいました。



午後の診察順番を取ろうとしたのですが、12:30からでした。
カードのボックスもしまわれてしまっていました。

特に行かなくてもよかったのですが、
  全治3か月と言われすでに2カ月が経過しています。
少しずつ運動などを始めよかと、相談したかったのです。
昼食や犬の散歩を済ませ、
  15:00ごろ行きました。
これがまた、よくなかったのかもしれません。

b0275715_21392957.jpg

筑波万博『適当日記』の画像拝借

待ちに待ちました。
退屈さは、睡魔を誘い、ゴツゴツと首が落ちました。
手に持っていた本も何度か床に落ちました。
その都度、意識をこの世に戻させます。
待合室が一掃されたころ私の名前が呼び出されました。
次は中待合室での「修業」が始まります。
ラーメン屋の行列に並ぶなどは苦にならないのに…。
筑波万博で待つことには慣らされていたのに…。
病院にはバビリオンが待ってはいてくれませんからね。

立ち上がったり、壁の掲示事物を読んだり…。
別に不安なわけでもなく、時間だけが長く感じ、
  退屈極まりない2時間が過ぎてゆきました。


相談結果は、「慣らし慣らし徐々に運動してもよい」とのことでした。
耕作などの畑仕事はストレッチをしてからにし、
  「急な重労働」はしないようにすることと念を押されました。


b0275715_21410968.jpg

『鳥取県健康政策課』の画像拝借


健康第一の人生ですが、目的のない一日程つまらないことはありません。
やっぱり、もう少しローギヤーで運転していくことにします。





********************************* See you again ! ***************** 🐕 ***


# by fukuchan-ckj | 2017-11-20 21:54 | Medical check | Trackback | Comments(0)